日本最北端の獣医師ブログ!
獣医学科の受験情報

【獣医師】獣医学部に合格するために辞めたこと&やったこと!!

みなさんこんばんは!

最北端獣医師のノスケと申します!
僕は獣医師として働く傍らで、獣医学部受験や獣医師についての情報を発信しています!

 

 

最近ではYoutubeでも獣医学部受験のことを投稿するようになりました!
もしよろしければ併せて閲覧をよろしくお願いします!

 

 

 

YouTubeでの発信もぜひチェックしてみてください!

 

のすけ
のすけ
ということで今回はのテーマは、”獣医学部に受かるためにやったことと辞めたこと”です!僕は獣医学部受験で一度失敗を経験して、浪人の道を選択しました。その時に何を変えなくてはならないとずっと感じていました。

 

僕が浪人した原因はもっと根本的なところにあるということは、薄々感じていました。

 

それを浪人開始時に見直し、1年間それを徹底したからこそ、僕は現在獣医師として働くことができているのだと思います。

 

なので今回はそれをみなさんにシェアしていこうと思います!!

 

この記事の内容!

・獣医学部に受かるためにやったこと!
・獣医学部に受かるために辞めたこと!
・どういう人が落ちてしまうのか?

 

のすけ
のすけ
獣医学部に受かるために、何をしたら良いか分からない人は特に必見だと思うので、ぜひ最後まで見ていってくださいね!!


獣医学部に受かるためにやったこと!

 

①受験校を明確に決める

のすけ
のすけ
どうしてこれが大切かというと、受験科目が大きく変わってくるからなんだ!特に国公立大学を受験するかどうかは大切なファクターだね!

 

はい。浪人が決まったとき僕はこれを明確にしました。

 

具体的には、

  1. 国公立大学を受験するのか(何大学を受験するのか)
  2. 私立大学はどこまで受験するのか
  3. 私立の第一志望はどこか

 

ということです。

 

まずは①に関して。
どうしてこれが大切かというと、受験科目が大きく変わってくるからなのです。

 

国公立の獣医学科は、共通テスト+二次試験が課されます。
国語や社会も試験範囲に含まれているので、自ずと対策範囲は広がっています。

 

でも私立の獣医学科だけを受験するなら、試験科目は英語と数学(2Bまで)、そして理科の1科目だけで済みます。

 

それを明確にしていないと、どこまで勉強するのか、自分は何を優先的にやるべきなのかが分かりませんよね?

 

 

そして国公立大学によっては、数学Ⅲを課すところがあります。
これがかなり厄介で、他の科目よりも時間が掛かります。

 

数学が苦手な人が多い生物選択者は特に苦労することになる科目です。

 

なので早いうちに受験校と受験科目を明確にして、自分の中で優先度を決めておきましょうね!!

 

 

次に②と③についてです。

最近岡山理科大学ができた事もあり、獣医学部の受験はかつてよりもチャンスが増大しました。

受験生は僕の時代(10年前)と比較して、1.5倍くらいの受験機会に恵まれています。

 

 

でも裏を返せばそれだけ受験期は体力的にしんどくなるという事なのです。
受験本番は想像以上に疲弊します。

 

もし仮に私立大学を全て受験しようと思うと、最大で7日間連続で受験しなくてはなりません。

 

 

もちろんそれで平気という人は問題ないのですが、もし自信がない人がいるのならしっかりとプランニングをしなくてはなりません。

 

また私立の中でどの大学に行きたいのかも明確にしなくてはなりません。

 

というのも受験科目はどの大学も大体同じですが、配点だったり、試験の癖が違うので、個別対策がとても大事になるからです。

 

 

いくら模試でA判定を連発していても、赤本などで過去問演習をしていないと落ちます笑

 

僕の所感ですが、合格可能性で言うと、

 

ちゃんと対策したC判定の人>対策をしていないA判定の人

 

と言う感じになります。

 

なので、ここから言えることは、

対策をしていないと落ちる&対策を徹底すれば模試の判定を覆せる

 

と言うことです。

 

なので、なんとなく獣医学部を志望するではなく、どこを受験し、どこに行きたいのかまで明確にして獣医学部受験をスタートしてくださいね!!

 

 

ちなみに受かりやすい国公立大学と私立大学、そして私立大学の受験プランについては以下の記事を参考にしてみてください!!

受かりやすい&入りやすい国公立獣医学部5選!〇〇大学がおすすめ!みなさんこんばんは! 最北端獣医師のノスケと申します! 僕は獣医師として働く傍らで、獣医学部受験や獣医師についての情報を発信して...
【2022年】受かりやすい私立獣医学部とは?おすすめ受験日程5選!皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです! 僕は獣医師として働きながら、こうやって獣医学部受験のことだったり獣医師のリア...
おすすめ私立獣医学部の出願プラン!合格率を上げる獣医学部の出願!みなさんこんにちは! 最北端獣医師のノスケと申します。 僕は獣医師として働きながら、こうやって獣医学部受験のことだったり獣医...

 

 

ちなみに僕の場合、

 

  • 国公立大学を受験する(岩手大学)
  • 私立大学は全て受験する
  • 私立の第一志望は麻布大学
  • 北里大学と酪農学園大学にはセンター試験方式で合格したい

 

という感じで浪人開始時にプランを練って、それに向けて最短距離を進むようにしました。

 

 

・志望校が決まれば、対策量やプランが決まる
・できれば受験勉強のスタート時に明確にしておきたい!

 


②苦手科目の克服

のすけ
のすけ
まあこれは当たり前じゃんって感じると思いますが、これが本当に最優先なのです!!特に数学が苦手なアナタは要注意ですよ!

 

はい。これは僕が浪人時代に一番優先したことです!!

 

 

そして数学が苦手な場合は特に注意が必要です。
数学の克服には特に時間が掛かります。

 

 

その中で大切なのが、

  • バランスなんて考えずに苦手科目に勉強時間の9割くらい使う
  • 質よりも量を意識する
  • 理科や社会は放っておく
  • 英語or数学のどちらかで考える

 

と言うことです。

 

受験生くん
受験生くん
え、でも勉強時間の9割とか充てちゃったら、他の科目の点数が下がっちゃいませんか?

 

それでも良いんです。

苦手科目の何が良くないかというと、

成績の上げ方がわからないこと(正しい勉強法が確立できていない)ことなんです。

 

 

僕が数学が苦手だった時も、そもそもどうすれば成績を上げられるのかさえ分かりませんでした。

 

でも逆に英語や理科社会のように得意だった科目は、一度成績を落としたとしても、正しい勉強法が身についているからいつでも取り戻せます。

 

 

だからとにかく、

苦手科目で成績を上げた、そしてそのための勉強法を身につけることができた!

 

という実績が欲しいわけです。

 

 

そして苦手科目の中に理科社会があるのなら、それは別に大した問題ではありません。

 

 

と言うのも理科や社会は、誰でも点数を上げることができるからです。
範囲も狭く、暗記が多いのでそこまで苦労せずとも成績は上がります。

 

 

受験期の後半(8〜10月以降)くらいからの追い込みで十分9割を常時狙えるくらいまで伸ばせると思います!

 

現役の受験生の成績はどのくらい伸びる?【獣医学科】【共通テスト】皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学というところの獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣...

 

 

ですが英語や数学はそうは行きません。

 

数ヶ月頑張っても全然伸びない、勉強法がわからないと言う事もザラです。
だからなるべく早く解決する必要があります。

 

 

僕の場合数学が最大のネックで、結局それが原因で浪人しました。
偏差値で15程度、センター試験で50点くらい足りませんでした(笑)

 

 

それを克服すれば合格できるだろうと踏んでいたので、浪人時代の前半のほとんどは数学の克服に充てました。

 

その結果、数学の偏差値が55→72まで上昇し、無事合格することができたのです。

 

獣医学科に合格した僕が苦手な数学の偏差値を20上げた方法!みなさんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医師をやっています...

 

 

そして僕は、その克服にプロの手を借りるほうが良いと思います。

と言うのも、苦手科目は勉強法さえままならないと言う場合も多々あるからです。

 

自分流ではどうにもならないのに、それを気合や根性で補おうとしても効率がとても悪いですよね?

 

 

だから僕は実際に東進衛生予備校というところで、

映像授業→参考書でアウトプットの流れで勉強しました。

 

 

どうやって解くのか、どこが重要なのか、何が足りないのか、そういうことを第三者の力を借りることで把握することができます。

 

そして現代は、YouTubeでも良質な授業を観れますし、とても安価にプロの授業を何回でも受けられます。

 

それを活用しない手はないと思います!

獣医学科に合格するための予備校選び!【予備校】【どこ?】【宅浪】皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです! 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し現在は日本最北端の地で牛の獣医さんをや...

 

 

・苦手科目の克服に全力を注ぐ(他教科とのバランスは無視)
・理科や社会は後回し
・数学や英語が苦手なら最優先で取り組む!
・塾や予備校、映像授業が効果的!

 

 

 

③短期目標の設定をする

のすけ
のすけ
もちろん最終的な目標は、みんな獣医学科に合格することだと思うんだけど、それだけだと遠すぎて心が折れちゃうよね?だからそれに向けての短期目標を設定して、それをクリアしていくんだ!

 

僕はこれを実際に行ったことで、途中で心が折れたりダレたりすることがほとんどありませんでした。

 

例えば、

最終目標が獣医学科合格だとすると、そのために必要な成績が決まります。(偏差値、共通テストの点数など)

 

 

その後は、

それをいつまでに達成するのか、そしてそれぞれの科目でどれくらい取るのか、模試の判定はどのくらい必要なのかを明確にします。

 

 

 

 

僕の例をお伝えすると、

最終目標:獣医学部合格

必要な点数や成績:センター試験85%前後、偏差値65〜70程度、模試でA判定

いつまでに:8月or10月の模試で

そのためには?:数学の偏差値を70以上に(8月までに)

ということは?:1ヶ月で数学の2単元を完璧に!(ex:ベクトルと数列)

1日どのくらいやればいい?:15〜20題

 

といった感じでした。

 

現役生のときは、そういったことを明らかにせずにがむしゃらにやっていたので、ある地点で頭打ちになってしまったのだと気づきました。

 

 

獣医学部に受かった最大の要因は、最終目標から逆算して短期目標を設定したことにあると思います!

 

・短期目標を設定するとやるべきことが見えてくる
・目標はなるべき具体的で生々しく(偏差値〇〇、模試で○判定など)

 

獣医学科に受かりたければ、この模試に全集中しろ!!皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです! 今回はそんな疑問に答えていきます。 今...

 

 

④オープンキャンパスに行く

のすけ
のすけ
は?そんなの当たり前じゃん!何いってんの?って思った人は素晴らしいので、この章は読み飛ばしてください(笑) 僕はそれさえ怠っていたのでここに記します。

 

当時高校生の僕は口ばっかり獣医学部に行くと言っており、それに対して何をしていた訳ではありません。

 

本気を出せばなんとかなると思っていたのです。

 

 

勉強はもちろんのこと、獣医学部に関するリサーチさえしていませんでした笑
当然、オープンキャンパスもです。

 

そして高校3年生の8月末、とりあえず周りが皆行っていたので僕も岩手大学のオープンキャンパスに出向きました。

 

 

そしてそこで果てしない感動を経験したことを今でも鮮明に覚えています。(遅えよ)

 

「おおおおお!!!!大学パねえ!!獣医学部かっこえええ!!!俺絶対獣医学部にいく!!!」

 

って高らかに家族に宣言しました。(だから遅えよ)

 

 

そしてその日から僕は受験勉強の鬼と化す…予定でした。

 

でも受験勉強に目覚めた翌日、39度の高熱が出ました笑

 

おそらく知恵熱ですね笑
急に慣れない勉強をしたもんだから、体がびっくりしたんですね。

 

 

まあその話は置いておいて、オープンキャンパスには人を大きく変えるくらいのパワーがあるということですね!

・オープンキャンパスは絶対に行こうね!

 

 

 

獣医学部に受かるために辞めたこと

では逆に獣医学部に受かるために辞めたことについても紹介します。

個人的にはこちらは少し細かい部分になると思っています。

 

でもこちらは、実際に浪人を経験した僕にしか分からないことであり、誰も教えてはくれないことです。

 

だからぜひ最後まで読んでいってくださいね!!

 

 

①不要科目の勉強

のすけ
のすけ
これは現役生、中でも地方の進学校の学生がやりがちなことかもしれない!

 

獣医学部は少々特殊で、理系でありながら数学Ⅲを使用する大学はほとんどありません。

また理科も1科目だけで良いところがほとんどです。

 

私立であればさらにやるべき部分は減っていきますね。

 

 

でも学校側が科目を絞ることを良しとしない場合があります。特に地方の進学校と言われるところです。

 

ただでさえ時間がない現役生、しかも難関大学の獣医学部、遠周りをして受かるほど甘くもありません。

 

僕の高校も、使わない化学Ⅱや数学Ⅲを、一応のためということで11月くらいまでやらされました笑

 

試験があるので、それなりに勉強せねばならず他の科目に回す時間が減りました。

 

 

その後先生に直談判して、なんとか不要科目の勉強をしなくても済むようにしてもらいましたが、時すでに遅しでした。

 

浪人生はそう言った煩わしさがないので、有利と言えるかもしれません。

 

 

兎にも角にも、獣医学部に入ると決めたからには、なるべく最短ルートを通るようにしましょう!!

 

あ、でも推薦入試を狙っているのなら、話は別ですからね!

【2022年】私立の獣医学部の推薦入試 完全攻略ガイド!みなさんこんにちは! 最北端獣医師ののすけです。 僕は麻布大学の獣医学部を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医師を...

 

・不要科目(理科や数学Ⅲなど)はなるべきやらない
・場合によっては先生に直接相談しよう!


 

②ペース配分という名の甘え

のすけ
のすけ
これは浪人開始時の僕の反省点です。とくに3月〜5月前半にかけて、 17時には予備校から帰って家でゴロゴロしてました笑

 

良いですか!!
受験勉強でペース配分なんて考えちゃダメですよ!!

 

 

僕が1年間の浪人生活を通して得たことは、

 

  • どうやってもやる気が出ない期間はいずれ来る
  • ペース配分なんて気にしなくても体力は持つ
  • 高い熱量をかけないと成績は伸びない
  • 最初こそ全力でやった方がいい

 

ということです。

 

数か月〜1年(時には数年)もずっと勉強するんだからペース配分は大切!

と思いがちですが、そうではありません。

 

 

成績を上げたい時、特に苦手科目に関しては、どれだけそれに情熱を注ぎ一心不乱に取り組めたかが重要となります。

 

そしてもし受験に失敗した後ならば、その悔しさが残っているうちにダッシュをした方が良いです。

 

「鉄は熱いうちに打て」とはよく言ったもので、徐々に熱は冷めていきます。
そうなってから熱量を取り戻すのは難しいです。

 

 

それに長丁場の戦いでは、いやでも後半になると気持ちが弛んだり集中力や情熱が続かないタイミングというのは来ます。

 

僕はそれが浪人中に2回来ました。

 

どうせその時になったら勉強量は落ちるのだから、それを見越して気持ちが熱いうちに必死に取り組みましょう!!

 

 

 

ペース配分なんて聞こえは良いですが、結局はそこまで本気になれていない証拠。

辛くとも机に齧り付いて粘っていると、情熱やモチベはついてくるものですよ!!

 

・最初こそ全速力で!
・どれだけ情熱を持てるかで全てが変わる!

 

 

③インプットに時間を使いすぎること

のすけ
のすけ
これは頭では分かっていても、なかなか実践できないことかもしれない!

 

みなさんが何かの勉強を始める時に、どんなふうにスタートするでしょうか?

 

 

大体の人はインプットから始めると思います。
いきなりアウトプットから始める人はかなりレアではないでしょうか?

 

 

確かにスタート時はそれで良いと思います。
でも問題なのが、いつまで経ってもインプットばかりで、過去問演習や模試に挑まないパターンです。

 

「まだそれだけの実力が備わっていないから」

「実践練習はもう少し力が付いてからにしよう…」

 

最もらしい言い訳に聞こえるかもしれませんが、じゃあそのラインはどこら辺なのかと問われると、答えられないと思います。

 

 

これは僕の経験でもありますが、自信を持って過去問や模試に挑める時なんて来ません。

 

どんなに受験勉強が進んでも不安ですし、本当はあまりやりたくないという気持ちがつきまといます。

 

 

それでも僕が過去問演習などのアウトプットを勧めるのは、得られることがとても多いからです。

 

インプット中はなんとなく分かったような気になり、しかもその理解度を試される機会は少ないので、気持ちは穏やかです。

 

そして自分が覚えられないことやできないことが曖昧なままでも進められます。

 

 

でもアウトプット中はどうでしょうか。
いやでもそれが分かります。

自分が覚えられていないこと、苦手な分野、本当の理解ができていない分野…

 

 

それらが浮き彫りになります。それは辛いことかもしれませんが、それが記憶の定着につながるのです。

 

 

悔しい感情やそれができるようになった時の感情が、勉強の助けになります。
そうやって覚えたことは忘れません。

 

僕が思うに、インプットからアウトプットへの切り替えは、

 

さらっと一周して、覚えてはいなくても理解はできた。そして改めて見返した時にやった記憶が残る程度。

 

ぐらいだと思います。

 

全く解けなくても構いません。
それでもアウトプットに時間を割いた方が絶対に得られることは多いと実感しました。

・アウトプット>>>インプット
・得られることが段違いで多い
・さらっと一周したらすぐに実践練習に移ろう!

 

 

 

獣医学部のライバルは浪人生!

最後にみなさんに知っておいてほしいことがあります。

 

獣医学部の特に一般受験では、合格者の6割〜7割は浪人生です。
これは誇張でもなく事実です。

 

それくらい浪人生有利の状況が何十年も変わらずに続いています。

 

そしてそれはこれからも変わらないのだろうと予想できます。

 

だからこそ現役生でこれを読んでいる人は相当な覚悟が必要ということです。

 

 

浪人生は強いです。時間もたくさんあるし、悔しい思いを1度以上経験しているので、モチベーションが違います。

 

 

そういう人を相手にするわけですから、なんとなく漠然と対策をしていても良い結果はついてきません。

 

僕が今回お教えしたことをぜひ実践してみてくださいね!!


 

 

まとめ

はい!ということで、今回は獣医学部に受かるために僕がやったことと辞めたことについて解説していきました。

 

具体的には、

やったこと

  • 受験校の設定(〇〇大学まで)
  • 苦手科目の克服(9割くらいの時間を使う)
  • 短期目標の設定(○月までにどのくらい)
  • オープンキャンパスに出向く

辞めたこと

  • 不要科目の勉強
  • ペース配分という名前の甘え
  • インプットに時間を使いすぎること

 

です!

これを僕は浪人が決まってからやりました。

 

今思えばかなり遅い気づきでした。これをせめて高2の終わりくらいから意識できていたら…

 

と後悔する日もありました。

 

 

でも逆にそれに気づけたからこそ、1年の浪人生活でなんとか獣医学部に入れたのだと思います。

 

これを読んでいる人が一体どのタイミングかは分かりませんが、僕の場合は数ヶ月で効果が目に見えて出ました。

 

偏差値で10〜15程度の伸び、判定もE→Aまで伸びました。

 

もし現在行き詰まっている、どうしたら良いか分からないという人は、ぜひ参考にしてみてください!!

 

そこまで難しい内容はないと思います。とてもシンプルです。

 

では!!