日本最北端の獣医師ブログ!
獣医学科の受験情報

国公立獣医学科の偏差値と難易度

皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!

 

迷える受験生
迷える受験生
国立獣医学科を目指しているんだけど、どこが入りやすいとかあるのかな?偏差値ランキングとか出てるけど年によって違ってるし…。なんかいい指標とかないかな。

 

 

今回はこんな疑問にお答えします。

 

今回の記事の内容!

・国立獣医学科の格付け
・国公立の獣医学科のおおよその合格ライン
・僕の受験体験談と周りの受験体験談
・私立獣医学科も併願すべきなのか

 

 

について語っていこうと思います。国立の獣医学科は難関中の難関であり、おそらく多くの獣医学科志望の学生が目指すところだと思います。

 

 

しかし多くの人が合格できずに涙をのんでいます。僕もその中の1人でした。1浪しても国立の獣医学科には届かず、麻布大学へ進学しました。

 

 

 

 

そんな僕の経験や大学生活を通して、国立の獣医学科に合格するのはどんな人たちなのか自分なりに分析してみました。そしてある答えにたどり着きました。

 

 

 

この経験が多くの国立獣医学科志望の学生に届くことを祈っています。もちろん成功から学ぶことも多いですが、失敗から学ぶことも多いです。

 

 

なので僕の経験を包み隠さずお伝えします。そしてこれから説明することを頭に入れて日々過ごしていただければ、国立の獣医学科に合格する確率も上がってくると思います。

 

ではいきましょー!!

 

ちなみに最近Youtubeの更新も始めました!
よりいろんな人に獣医学部についてフランクに知ってもらおうと思って動画を作っているので、合わせてチェックをよろしくお願いしますね!

 

国公立の獣医学部について!

 

 

まずは理解してほしい。国公立の獣医学科に入りやすいところはない。

 

多くの人が国公立の獣医学科を目指すにあたり、まず気になるのが大学間での難易度の差です。とはいえ簡単な大学は1つとしてありません。
確かに東大や農工大、北大は別格ですが、だからといって他の大学が簡単なわけではありません。

 

 

 

どの国立の獣医学科も私立の獣医学科とは一線を画していますし、模試でA判定が出ていたとしても合格できる保証はありません。

 

 

実際僕も岩手大学の獣医学科にずっとA判定でしたし、本番もセンターで84%取りつつも落ちてしまいました。

 

 

 

国公立の獣医学科において、比較的入りやすいと思われている大学も、たまたまその年だけ簡単だったということが多く、常に入りやすいなんてことは決してないです。

 

 

 

これを知っておかないと、国公立獣医学科の難関さを甘く見てしまい、結局合格できないということにもなりかねないからです。

 

 

 

それをまずは頭に入れたうえで、あえて国公立の獣医学科を格付けしてみます。

 

 

もう一度言いますが、入りやすい国公立獣医は存在しません!
悪しからず!!

 

 

 

 

国公立獣医学科の格付け!!

 

   格付け   大学名 センターランク       備考
   超難関 北海道大学
東京大学
東京農工大学
88~90% 北海道大学はセンター試験の得点率だけなら、医学部より高い。
難関(ちょい上) 大阪府立大学 78~82% 二次試験の比率が高い
   難関 その他国公立大学 80~87%

 

 

 

 

 

 

 

 

これが僕が考える国公立獣医学科の格付けになります。

それぞれについて解説していきますね。

 

 

 

超難関クラスについて

 

表にある3大学は獣医学生ならだれもが認める超難関校です。理由としては

①センターのボーダーが医学部並
②二次試験の比率が高い
③二次試験の範囲に数学Ⅲが入っている

 

 

といったことがあるからです。
ここに挙げた3大学は医学部に合格するくらいの実力をつけないと、受からないです。私の知り合いに農工大に通う人で、医学部を卒業した人がいました。やはりそういった人が通うところなので、覚悟して受験しましょう。

 

 

このレベルに関してはそもそも僕は目指してすらいなかったので、ぶっちゃけ想像によるものもあります。

 

 

しかし職場の先輩や同期などでこれらの大学を卒業している人達は、格が違うなあと思わされます(笑)

 

 

 

難関クラスについて

 

 

まず大阪府立大学ですが、どうして他の国立大学と分けたかというと、

 

①二次試験の比率が比較的高いこと
②二次で数学Ⅲを使うこと

 

などの理由があるからです。センターのボーダーだけで見れば、むしろ他の国立獣医学科と変わらないか、それ以下のように感じます。

 

 

でも二次試験の比率が高いため、逃げ切りが出来ないのです。また、数学Ⅲが必須であるため、他の獣医学科より大変です。

 

 

 

しかも関西の猛者たちが受けに来るため、必然的に熾烈な戦いになります。麻布にも関西の優秀な連中が集まってきますが、その人たちとの闘いに勝った人達が通っているので、やはりハイレベルです。

 

 

 

 

つぎにその他の国立大学ですが、正直どこが入りやすいかは予想できません。毎年ランキングやセンターのボーダーは変化します。

 

 

 

 

なぜ予想が出来ないかというと、国公立の獣医学科は定員が30~40人なので、すぐにボーダーが上がるからです。国公立の獣医学科は全国にあり、基本的に受ける人はどの大学でも関係なく受けに行きます。

 

 

 

そのため例えばある大学に人が集中した場合、その大学のボーダーは跳ね上がります。逆に受ける人が少なかったりすると、その大学のボーダーは下がります。

 

 

ただしそれは結果論であり、翌年はまた別な大学に人が集中したりして、ボーダーランクは入れ替わります。ですのでこれを予測するのは難しいというわけです。結局はどの大学も、ボーダーが上がるリスクがあり、毎年入りやすい大学などないというわけです。

 

 

 

国公立獣医学科に受かる人たちの特徴

 

僕が通っていた麻布大学には、もちろん私立専願の人もたくさんいます。しかしその一方で半数ぐらいの人たちが国公立獣医学科を第一志望にしていて、落ちてしまった人たちでした。

 

 

僕が見てきた中で、国公立の獣医学科に受かる人と、そうでない人達の違いはココにあるんじゃないかなって思いました。

 

それは

 

”弱点科目がない”

 

ということです。これはどういうことかと言うと、国公立の獣医学科はセンター試験も全科目受験しなければなりませんし、当然二次試験もあります。

 

 

しかも二次試験の問題がそこまで難しくないため、結局ミスがあまり許されません。となると苦手科目が1つでも存在すると、かなり厳しい戦いになります。

 

 

 

僕の同期で、国語以外はすべてセンターで9割以上取っていたのに、国語だけ101点/200点だった奴がいます。いくら他が良くても、1つが苦手だとかなり厳しくなります。

 

 

そんな僕も社会が苦手で、いつも足を引っ張っていました。8割を超えたことはなく、いつも7割程度でした。それに二次試験でミスをしてしまったため、落ちてしまったのかなって思います。

 

 

 

つまり国公立の獣医学科に合格しようと思ったら、どの科目もコンスタントにセンター試験で8割以上は取らないと厳しいということです。

 

 

 

その中で9割以上取れる科目を増やしていくという戦略がベストです。だから苦手科目だとしても、8割は取れるようにしておきましょう。

 

 

 

国公立の獣医学科に受かった人たちは弱点がなく、常にどの科目も高い点数であることが多いです。

 

 

 

国立1本で行くべきなのか?

 

これはかなり悩ましいテーマです。第一志望に行きたいのはみんな同じです。たとえ同じ獣医学科だとしても、国公立の獣医学科へのこだわりがある人は多いでしょう。

 

 

特に受験生のうちはなんとしても第一志望の国公立に行きたいと思う人が多いでしょう。

 

 

では私立と国公立の獣医学科に入ってからの違いはあるのでしょうか?
僕個人の意見ですと、授業や実習の内容、国家試験の合格率、そして就職後において、出身大学によって差が出来ることはほとんどありません。

 

 

 

ぶっちゃけ私立のほうが優れている点もありますし、もちろんその逆で国公立のほうが優れている点もたくさんあります。

 

私立と国立の獣医学科を比較してみました!(メリット&デメリット)皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は牛の獣医をやっております! ...

 

 

要するに受験生の時のこだわりは、入ってしまえばあまり必要のないことだったと、多くの場合で気づきます。
だから受験生の皆さんには、国公立の獣医学科を目指して何浪もするよりも、私立も併願して受かったところへ行くほうが、結果的には良いと思います。

 

 

たしかに最初のうちは、第一志望に行けなかったことを悔やむときもあります。実際僕もそうでした。

でもすぐにそれは無くなり、今いる大学でベストを尽くすように切り替えられます。そして6年間しっかりエンジョイして勉強して、立派な獣医師になればいいんです。

 

 

 

もちろん金銭面で国公立の獣医学科を目指すしかない人もいるでしょう。その場合はしょうがないと思います。ですが奨学金という制度もありますし、中には返済不要のものもあります。

 

 

 

なるべく広い視点で受験をしてもらえたらなって思います!!
受験期って視野が狭くなりがちなので…。

 

 

 

まとめ

国公立の獣医学科

・入りやすい獣医学科はない!
・二次試験に数学Ⅲが入ってくると、より大変になる
・結局その年の倍率に左右されるので、予測不能
・弱点科目がないことが必須条件
・国公立の獣医学科にこだわりすぎず、私立も視野に入れよう!