日本最北端の獣医師ブログ!
全受験生たちへのアドバイス!

浪人するか現役で進学するか迷っている人たちへ!【浪人すべき?】

皆さんこんにちは!

 

最北端獣医師のノスケです。
僕は2020年に麻布大学という大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医師をやっているものです。

 

 

メインでは獣医学科受験のことを書いているのですが、現役・浪人と普通の人より受験生時代が長かったこともあり、一般的な受験のことについても記事を書いています。

 

 

今回は、

”浪人してでも志望校を目指すべきか”
”第一志望でなくとも現役での進学にこだわるべきか”

 

というテーマについて書いていこうと思います。

 

これは僕自身現役生のころにぶち当たったテーマでもあり、多くの受験生が悩むところでもあります。

 

なので今回は、そこで浪人という選択を取った僕が、その選択を通して得たことや苦悩、その後の人生にどう影響したのかをお伝えしていこうと思います。

 

もしあなたが浪人するかどうかで悩んでいて、この記事が少しでもお役に立てれば光栄です!

 

今回の記事の内容!

・現役で進学することのメリットデメリット
・浪人してでも志望校を目指すことのメリットデメリット
・実際に浪人した僕自身の経験
・今だからわかる!その後の人生に与える大学受験の影響!

この辺について語っていこうと思います。

 

中学高校受験とは異なり、倍率も難易度も桁違いに跳ね上がるのが大学受験です。

 

正直言って現役生が第一志望もしくは行きたい学部学科にストレートで合格するほうが難しいです。

それは難関大学や医学部や獣医学部といった難関学部であればなおさらのことです。

 

僕自身も現役生の時は獣医学科に全く受からず、いわゆる”箸にも棒にも掛からぬ”状態でした(笑)

 

それくらい厳しいのが大学受験というモノであり、そこでさらに1年頑張るかどうかというのはかなり難しい選択です。

 

 

僕自身の経験や、周りにいた人たち、塾や予備校で働いていた経験をフルにお伝えするので、よろしければ最後まで読んでいってください!!

 

ではいきましょう!!


 

どうして妥協をしてでも現役の進学を選ぶ人が多いのか?

 

僕は獣医師という選択以外なかったので、獣医学科進学以外は全く考えていませんでした。

 

それゆえ、獣医学科に落ちたとき、妥協して他の学科を受験するという選択はそもそもなかったです。

そして辛いことに、獣医学科は入りやすい大学などなく、どの大学も一様に難関なのです(笑)

私立獣医学科の偏差値と難易度ってどのくらい??皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、今は日本最北端の地で牛の獣医師をやっています! ...

 

そのため現役の時受験した大学はもちろん全落ちしてしまいました(笑)

 

でも周りの人たちの多くは、当初の目標大学や、目標学科に落ちてしまったときに、第二志望以降の大学に妥協していました。

 

なぜなのでしょうか?

 

現役で行ける大学に進学することのメリットが多いから?

 

浪人という選択を取らず、現役で行ける大学に行くことのメリットをいくつか挙げてみます。

・辛い受験勉強から解放される
・楽しい大学生活に突入できる
・浪人するより早く社会に出ることになるので、もらえる給料の総額も増える(数百万円)
・浪人に掛かる費用がいらない
・高校卒業後のフレッシュな状態で大学に入学できる?
・浪人したって受かるとは限らない…

 

などなどですかね?(笑)

正直最後の項目に関しては、そこまで当てはまらないかもですが…

 

現役で進学することの最大のメリットは、受験勉強からとにかく解放されるってことです。

 

正直言って、ほとんどの人にとって10代で経験することの中で一番辛いのが、この大学受験だと思います。

 

頑張っても頑張っても思うように伸びない成績。受かるかどうか分からないプレッシャー。
半年~1年くらい色々我慢を強いられるストレス…

 

正直うんざりします。

 

第一志望でなくても、とりあえず受かったところに進学しさえすれば、そのストレスから解放されて、楽園のような大学生活が待っている。

 

そう考えると、多くの人が浪人することを思いとどまってしまいます。

 

それに浪人したって受かるとは限りませんし。

 

それに掛かる費用の問題もあります。だから、一概に浪人したほうが良いと言えるわけでもないのです。

 

ただでさえ一度失敗して多少なりともメンタルに来ているのに、さらに不確定で大変な道に進むのは勇気がいることです。

 

浪人したから確実に第一志望に受かるわけでも、成績がぐんぐん伸びていくわけでもありません。

 

 

だったらさっさと大学進学してしまうほうが賢いという考えも確かにあります。

 

じゃあ現役で妥協してでも大学進学した人が、皆後悔なく大学生活を送れているのでしょうか?

 

次の章で、現役進学にこだわった時のデメリットについて、実際にあった事例に基づいて列挙してみます。

 

 

現役で行ける大学に妥協することのデメリット!

・大学に入ってから頑張る気持ちになれないかもしれない
・少なからずモヤモヤとした気持ちが残る
・もしあの時頑張っていればと思うかもしれない
・大学を心から楽しめなくなる可能性がある

 

これはみんながそう思うとは限らないので、あくまで”かもしれない”という言い回しを使わせてももらいました。

 

実際入ってみたら、思いのほか楽しかったり、自分に合っていたり、大学に入ってから頑張れたりすることもあるので。

 

ですが、やはりモヤモヤとした気持ちを抱えてしまう人がたくさんいるのも事実です。
実際僕の周りでもそういう人はいました。

 

楽しいうちはいいのですが、ふと時間が出来て考えたときや、しんどくなった時に、「やっぱりあの時頑張っていれば…」と考えてしまうことも良くあることのようです。

 

本来楽しいはずの大学生活を心から楽しめなくなる可能性があるのです。

 

大学に入りなおす人、辞めてしまう人は思っているよりもたくさんいます。
高校の同級生でも辞めちゃう人、他の大学を再受験した人は結構いました。

 

 

僕がいた麻布大学の獣医学科にも、他の大学に通っていたけど、再受験して入ってくる人もたくさんいます。

 

獣医師になりたいという夢を一度は諦めた人も、その後になって諦めきれずに再挑戦する人もいるのです。

 

また実際に行動に起こさなくても、久しぶりに会ったときに「あのとき頑張っていればなあ…」って口にする人もいます。

 

今はSNSも発達しているので、そういったつぶやきもよく見かけますね。

 

大学受験って思っているよりもその後の人生に影響してきます。

 

特にその時の妥協だったりは、後悔として時間差でやってきます。

 

口にしなくとも、受験で後悔を残した人は、きっとそう思う瞬間はかならずきます。

 

獣医学科に合格するという夢を叶えた僕でさえ、あの時もっとうまくやれたんじゃないか…

とか、現役のとき頑張っていれば…

 

というように考えてしまいます(笑)

 

だから妥協してしまったらもっと後悔を感じるはずです。

 

 

僕は現役の受験で大失敗したとき、妥協したらきっとそう思ってしまうような気がしたので、浪人という道を選びました。

 

 

浪人という道を選んで得たこと、その後の人生

・本当に行きたい大学に行けるチャンスが増える
・受験で後悔を残さなくて済む
・ここでの頑張りは、その後の人生にも影響を与える
・簡単には妥協しない強いメンタルが身につく

 

これは僕が実際に身に付いたと実感したことでもあります。

現役の大学受験なんてうまくいかない人のほうがほとんどです。

 

僕の高校は、いわゆる県でトップの進学校と言われるところでしたが、それでもほとんどの人は第一志望に受かることはありませんでした。

 

僕は、獣医学科に行くことという明確な夢を持っていたので、それを達成するまでは絶対に諦めないという意志を持っていました。

 

そして1年の浪人の末、何とか獣医学科に合格し、そして晴れて今は獣医師として働くことが出来ています。

 

あの時の頑張りがあったから、6年間の大変な学生生活も乗り切ることが出来ましたし、今辛くとも頑張ることが出来ています。

 

正直って、獣医師として働いている今のほうが、受験生のころより何倍も辛いです(笑)
命を扱うのはとても神経を使います。

 

でもやっぱりそんな時に頑張って踏ん張れるのは、あの受験で妥協せず乗り切ったからだと胸を張って言えます。

 

人生最初の関門で、それに対してどう向き合ったか。

逃げたのか、それとも立ち向かったのか。達成するまで頑張れたか。

 

10年近く経った今でも、あの時の頑張りの恩恵を僕は感じています。
逆に逃げていたら僕はその先も逃げていたかもしれません。

 

僕が通っていた東進で、とある先生が言っていました。

「今頑張れたら一生頑張れるかもしれない。でも今頑張れなかったら一生頑張れないよ」

 

その意味って言うのは、すぐには分かるものではありませんでしたが、歳を重ねるごとに少しずつ分かってきた気がします。

【東進】浪人した僕が、東進を選んで獣医学科に受かった話【獣医】みなさんこんばんは! 最北端獣医師のノスケというものです。 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛...

 

 

周りの人たちの言うことは気にしてはいけない!

僕がよく相談を受ける中に、

「高校の担任の先生が、どうせ無理だからと言っていたので…」とか

「友達に馬鹿にされたので…」

といった理由で浪人を迷っている人がいます。

 

確かに身近な人が止めてくると、不安になりますよね。
ただでさえ一度失敗しているわけですし…

 

 

僕も実際そうでした(笑)

獣医学科合格には必須の数学が壊滅状態で、偏差値は50そこそこ。
生物くらいしか得意な科目はなく、先生には無理だと言われました。

 

別に獣医学科じゃなくても、動物と触れ合う仕事はあるし、4年制の他の学部に入って、早く就職したら?

って言われたこともあります。

 

実際僕自身も確かに浪人したって受かる自信は全くないし、成績が上がる保証なんてどこにもない…

先生の言うことがきっと合理的なんだろうなあって感じました。

 

でも僕はその道を選んだら絶対に後悔するという自信だけはありました(笑)

 

受験というのは10代という人生のかなり初期の段階に訪れる割には、かなりハードで残酷なイベントです(笑)

 

だからこそ先生や周りの大人は、深く傷つくことのないように合理的な道を示してきます。

茨の道をわざわざ行くことはないと。

 

でも僕から言わせてみれば、妥協して嘘ついて生きていくほうがよっぽど茨の道に思えるんです。

 

だって浪人生活なんてせいぜい1~2年ですよ。
確かに浪人中は辛いですけど、それでもそれを乗り切って目標を叶えられたなら、その後の人生はきっとさらに頑張れるはずです。

 

でもそこで妥協したなら、数十年の人生に負の影響が出てしまう可能性だってあるんです。

 

自分の人生を決めるのは先生でも周りの友達でも大人でもない。

 

自分なんです。

 

 

少しでも違和感があるなら最後は自分を信じて!

もし色んな人に相談して、迷っているのなら、

最後は自分がどうしたいかを信じてください。

 

一度挫折を味わい、再挑戦しようか迷っていて。やっぱり現役で行けるところに進学しようかなってなっている人!

 

もし少しでも違和感があるのなら、僕は浪人してでも行きたい大学や学部を目指すことを勧めます!!

 

きっとその違和感はどんどん大きくなっていきます。その時に再挑戦する気力があるならいいのですが、モヤモヤしたままずっと生きるのはとても辛いです。

 

だったら悔しさが消えていない今のうちに再挑戦してみてほしいのです。

 

確かにうまくいく保証はないですし、ストレスやプレッシャーはかなりあります。

 

それでも受験という一大イベントから逃げずに立ち向かったという経験は、その後の人生で自分を支える大きなバックボーンとなります。

 

今は情報もたくさん手に入りやすくなり、予備校も進化し、より質の高い授業を受けやすい環境が整っています。

 

後は本人次第だと思うんです。

 

そのための環境はいくらでも整っています。受験で失敗する人の多くは覚悟が足りないだけです。

 

資質とかそんなものではありません。
やるかどうか、自分の人生にどれだけ責任を持てるかです。

 

僕もただがむしゃらに先生の言う通りにやっただけですもん(笑)
数学の参考書をアホみたいに解いただけですもん(笑)

 

それでも数学の偏差値は50ちょっとから75まであがりましたし、センター試験も84%取ることが出来ました。

 

覚悟をもって1年やれば誰でもそれくらいなれます。

 

あとは自分次第ですよ!!

夢を叶えられるかどうかは、その夢をどれだけ貪欲に追えるか次第ってことです。

 

僕なりに浪人する人が知っておくべきことをまとめた記事もあるのでよろしければ参照してみてください!!!

 

獣医学科を目指す人の記事ではありますが、他の学部や大学でも参考になることはあると思います!!

 

浪人生が獣医学科に合格するために知っておくべきこと10選! 皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業して、現在は日本最北端の地で牛の獣医師を...

 

では!