日本最北端の獣医師ブログ!
獣医学科お得情報

獣医学生が今(学生のうちに)やっておくべきこと!

こんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地である北海道で、牛の獣医師をやっています。

獣医学生くん
獣医学生くん
獣医学科って6年間もあって長いですよね?学生のうちにやっておくべきことってありますか?

 

今回はこのテーマについて語っていこうと思います!

 

 

獣医学科って普通の大学生の1.5倍も学生生活が続きます。学生生活が長くなれば、それだけ日々がマンネリ化して、退屈なものになってしまうこともあります。

 

 

でも長いからこそたくさんのことを経験しておくべきだなって、今になって改めて思います。僕自身たくさんのことに挑戦してきて、いろんなことを学びましたが、それでも当時もっとやっておくべきだったと後悔することもあります。

 

 

獣医学科の学生は、ほっといてもほとんどの人が獣医師になれます。だからこそ思考停止してしまいがちなのですが、社会的地位の高い仕事に就くわけですから、学生のうちにやっておくべきこともたくさんあると思います!

 

 

 

今回はそのことについて3つほど挙げていこうかなって思います!

 

 

獣医師の仕事は圧倒的接客業だから・・・

 

多くの人が働いてから気が付くのですが、獣医師の仕事ってかなり接客業です。なぜかというと、動物が自分だけで病院にきたりしないからです。

 

まあ当然っていえば当然なのですが、動物には基本的に飼い主がいます。病院に連れてくるのも、診察をお願いするのも人間です。

 

 

となると主なコミュニケーション相手は人になります。飼い主さんの話を聞いて、治療方針も飼い主さんの要望があれば、基本的にそれを聞きます。

 

 

自分の意見を通して、仮にそれが正しかったとしても、飼い主がその内容を気に入ってくれなかったら、もう次はありません。
またうまくコミュニケーションが取れない人は、とても苦労します。

 

 

僕はそのことを痛感しました。実際に働いてみて、信頼される獣医師は腕はもちろんですが、人柄もそれ以上に素晴らしいです。

 

学力や技術は後からなんとでもなりますが、人柄やコミュニケーション能力に関しては、仕事をしてからではなかなか変えられません。

 

 

となると学生のうちに磨いておくべきなのは、”人間力”なのです!!

 

 

学生のうちにやっておくべきこと3選!!

 

①海外や国内のいろんな場所へ行きまくる!

 

ぶっちゃけお客さんとしてくる飼い主さんは、皆が皆良い人達ではありません。割と厄介な人もいます。

 

それはペットの飼い主もそうですし、僕が普段相手にしている農家の人たちもです。その人たちにとって動物とは生活の一部なのですから、一生懸命になります。

 

 

その時にいろんな人に対応できるスキルを磨く術が、海外旅行なんじゃないかって僕は思います。

 

 

海外に行けば、当然言葉はあまり通じません。文化も考え方も違うので、時には相手を怒らせてしまいます。それでも死なないために(大袈裟ですが)、必死にコミュニケーションをとり、乗り切ります。

 

 

この経験が後々いろんなことに役立ってくれます。仕事で相手するお客さんは、価値観もバラバラですし、時にはそれこそ外国人なんじゃないかってくらい話が通じない人もいます(笑)

 

 

そんな時に本当に役立ってくれるのが、海外で苦労した経験なんです。色んなタイプの人、それも外国人とコミュニーケーションが取れたという経験は必ず役に立ちます!

海外に行くと一皮も二皮も剥けるって言いますが、まさにその通りだとおもいました。

 

 

冗談だと思うかもしれませんが、だまされたと思って一回行ってみてください!本当に世界が広がって、対応力が劇的に変わります!

 

 

 

ちなみに僕は数え切れないくらいぼったくられ、変なところに連れていかれ、おかまに掘られましたが、それ以上にたくさんの友達が出来ました!

 

 

エチオピアの美女、カンボジアの兄さん、中国のマッチョ、ベトナムのJK、タイのおかまなどです(笑)

 

コミュニケーション能力なら、自信はあります!頭は悪いですが(笑)

 

お勧めは東南アジアです!!

 

 

 

②何か熱中できるものを、とにかく突き詰める

 

学生生活をなんとなく過ごしてしまうと、国試が最初に頑張る瞬間だったなんてこともあります。
ぶっちゃけ卒論も、定期試験もそこまでプレッシャーにならないですが、国試は人生がかかっているので、かなりきついです。

 

 

でもその時までに頑張った経験がないと、メンタルを病んでしまったり、頑張れなくなってしまいます。そして仕事についてからも無気力になりがちです。

 

 

でも学生のうちに、何でもいいのでとにかく熱中できるものを探してほしいのです。そしてそれが嫌になるくらいまで突き詰めてほしいんです。

 

 

それが僕にとっての筋トレであり、大会に出ることでした。ぶっちゃけ嫌いになって投げ出そうとしたこともあります。

 

でもそれを投げ出さず、やり切ったの経験は、国試でもそして今でも僕を支えてくれています。あの時頑張れたから、今回も頑張れるって自信になるんです。

 

獣医師の仕事はぶっちゃけかなり大変です。とにかく覚えることが多く、毎日やることがたくさんあります。新人なんてそれこそ分からないことだらけですから、日々勉強です。

 

 

たしかに大変ですが、僕のバックボーンには、コンテストに出るまで筋トレを突き詰めた経験があります。どんなにしんどくても、頑張ることが出来ています!!

 

 

 

ですから何でもいいので、熱中できるものを見つけ、嫌になるくらいまで突き詰めてください!それは別に獣医学に関係なくてもいいのです。

 

 

あとあと様々な形で自分に利益をもたらしてくれます!

 

 

 

就職についてもっと真剣に考える!

獣医学科って、基本的に就職には困りません。一部の公務員や企業に関しては倍率が高いところもありますが、それ以外なら基本的に進みたい方向に進めます。

 

 

しかも一般的な就職活動のようなしんどい経験もすることはあまりありません。だからこそ就職に関してあまり深く考えなかったりします。

 

 

「とりあえず○○」みたいな考え方になりがちで、なってからまた考えようとか思ったりもします。でも多くの人が就職後に思っていたのと違っていたと辞めてしまいます。

 

 

特にそれは動物病院で顕著かなって思います。あまり深く考えないとそうなりがちなのです。それにこれからの獣医師は、ただ開業しても勝ち目はありません。

 

 

そのことについて学生のうちからしっかり考え、自分のなりたいビジョンをしっかり描くことが大切です。獣医師になって終わりではないことを僕も改めて感じました。

 

 

今は色んな形で獣医師の資格を使えます。勉強も大切ですが、将来について真剣に考えることはもっと重要だなっておもいました。

 

 

 

まとめ

 

皆さんには獣医師の仕事が接客業であることを知ってもらいたいのです。そしてそのためのスキルは、普通に学生生活をしていたのでは身に付きにくいです。

 

なのでたくさん旅をしてください!多くの人と接し、対人能力を上げていきましょう!そうすれば仕事が円滑に回るようになりますよ!

 

 

また獣医師として働くためには、たくさんの努力が必要です。ですので学生のうちに何か一つを突き詰めてください!それが糧になってくれます!

 

 

それが出来たら、あとは流れに身を任せ続けるのではなく、しっかり自分の頭で考えましょう!獣医師になって終わりではありません。それがスタートなのです!

 

 

僕もこれからたくさん大変なことがあると思いますが、学生生活で得た経験で乗り切っていける自信があります。

今日あげた3つのことをぜひ実践してみてください!!

 

 

では!!