日本最北端の獣医師ブログ!
現在獣医学科の人へ伝えたいこと

獣医学生が学生時代にしておくべきこと!!

皆さんこんにちは!

最北端獣医師のノスケです!
僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し現在は日本最北端の地で牛の獣医さんをやっています。

僕が獣医学科を卒業し、獣医師国家試験を終えてから早1年が経ちました。もう僕が獣医師として働き始めてから1年が経ったということでもあります(笑)

 

国家試験のことについては以下の記事を参照してみてください!

獣医師国家試験に合格するために必要なもの、必要な時間とは⁉みなさんこんにちは!最北端獣医師ノスケです!僕は第71回の獣医師国家試験に合格し、現在は日本の最北端である稚内で牛の獣医をやっています。...
獣医師国家試験ってどんな試験?皆さんこんにちは!最北端獣医師ノスケです! 私は日本の最北端である稚内市で牛の獣医をやっています。今年一年目の若造ですが、日々精進です...

 

今回は、獣医学生の皆さんに向けて、

”学生のうちに身に着けておいてほしいこと、そのためにすべきこと”をお伝えしていきます!

 

僕自身、獣医師として1年働いてきて、「ああ、あの経験をして良かったな」って思うことや、「あれをちゃんとやっておけば良かったなあ」って思うこともあります

 

これは社会人ならないと分からないことも多いです。
なので現在獣医学生の皆さんが、これからの学生生活を送る上でのヒントになればと思います!!

 

今回の記事の内容!

・獣医学生が身に着けるべき能力!
・そのためにやるべきこと
・これからの獣医師業界について思うこと

こういったことについて書いていきます!

ではいってみましょう!!

のすけ
のすけ
少しでも実践してみてくれたら嬉しいです!

 

獣医師として身に着けておくべき能力!

①トラブル対処能力

これは別に獣医師に限ったことではないとは思います。

でも本当に、本当に必要です!!(笑)

受験生くん
受験生くん
でも具体的にどんなトラブルがあるんですか??

僕が獣医師として体験した主なトラブルは、

①職場内でのトラブル

②仕事相手(主に飼い主)とのトラブル

 

です。まあトラブルっていうほどの重大な事件が起きることはそこまでないとは思います。
問題解決能力のことですね。

 

まず①の職場内でのトラブルについてお話していきますね。

 

夢の無い話になるかもしれませんが、これで悩む人は本当に多いです。
特に1年目の人は大変な思いをすることが多いでしょう。

 

まず前提として、獣医師って変わってる人が多くないですか?(笑)
僕は入学した時から常々思っていました。

だって1年間で1000人しかなれない獣医師を本気で目指して、本当になっちゃう時点でだいぶ変わり者だと思いますもん(笑)

 

そして、基本的に動物業界では獣医師ってのはトップですから、持て囃されることも多いです。となると、謙虚でいい先生ばかりではありません。

 

傲慢?天狗?変人?みたいな先生も結構いるんです(悲しいですけどね)

また基本的に職場の人数は少ないことが多いです。特に動物病院なんかは。
だから結構人間関係が密なことが多いです。

 

そこの環境が自分にとってベストならば言うことはないのですが、そうでない場合、自分で何とかしなくてはなりません。

 

上司や後輩、同期との関係は特に。そしてこれに関しては思っている以上に誰も助けてはくれないです(笑)

 

だから自分で解決していくことが求められます。

 

上手く関われない先輩がいる…、同期と合わない…、後輩と合わない…

こういった人間関係のトラブルで辞めてしまう人も多いです。仕事がしんどくて辞める人より、職場内での悩みが原因のほうが多いように感じます。

 

また仕事相手とのトラブルも多いです。

自分の治療が良い結果を生まなかった、相手を怒らせてしまった、飼い主さんとうまくコミュニケーションが取れない…

などですかね。

これは特に新人のうちは苦労します。

 

世の中良い人ばかりではないですし、新人でもちゃんと平等に接してくれる人ばかりでもありません。

「若造が…。本当に大丈夫なのか?」みたいなスタンスで来る人もいます(笑)

 

だからこそ余計に気を遣う必要があり、そこで信用を勝ち取れるかどうかが、後々の仕事での関係に大きく響いてきます。

 

仕事相手、そして仕事仲間とのトラブル(問題)は一番頭を悩ませる原因になります。
この解決能力があるかどうかがまずは重要なことの第一位ですね。

 

②コミュニケーション能力

獣医師の仕事って接客業だってよく言われます。

僕が大学生の当時は正直よくわからなかったです。だって相手にするのは動物だし、そんなに飼い主さんと話す機会ってないだろうって。

 

でもそれは完全な間違いでした!
むしろ動物とのやりとり以上に飼い主さんとのやりとりが多い気さえします。

 

僕は牛の獣医師をやっていますが、自分がどういう治療をしたいのか、どうしてそういう医療をするのかをまずしっかり説明しなくてはなりません。

 

今の飼い主さんは知識も豊富で、それぞれ独自の哲学を持っています。だから自分の考えと異なる場合もあります。

 

そして僕みたいな若い獣医師はそれだけで下に見られることも多々あります。

 

教科書的に、獣医学的には自分の意見が正しかったとしても、そのことを飼い主さんが理解してくれなければ、僕たちは悪い獣医師として思われてしまう可能性だってあります。

 

その時にコミュニケーション能力はとても重要になってきます。
相手を尊重しつつ、色んな飼い主さんと治療を決めていく。

 

それが本当に一番大変です。

 

僕はこれまでにそのことで何回か飼い主さんに怒鳴られたことがあります。

 

飼い主さんの要望はあまり治療効果がなさそうな提案。
なので僕は自分の意見を述べました。

 

すると急に飼い主さんがめちゃくちゃ怒り出して、危うく出禁になってしまうところでした(笑)

そのあとしっかり説明したら何とか理解してくれて、和解出来ましたが、飼い主さんからは

「お前は言葉が足りねえ」とバッサリ切られてしまいました(笑)

 

いや~コミュニケーションって難しい!!

 

まして獣医師になったら色んな世代の人とコミュニケーションを取らなくてはなりません。

 

大学生の時みたいに、仲のいい人との関係の中だけで生きていけるわけではないのです。

 

③何かを突き詰める能力

今皆さんは、犬猫牛馬豚鶏などの動物種、生理学薬理学病理学解剖学などの基礎学問、果ては寄生虫や魚病学など幅広い勉強をしていることでしょう。

 

しかもテストも一気にやってくるものだから、自然と勉強は広く浅くになってしまいがちです。むしろ突き詰めるタイプの人はあまり成績は良くないことが多いかもしれません。

 

でも今勉強していることも就職したらほとんど使わなくなってしまいます。

僕の場合は犬や猫のことはほとんど忘れましたし、ぶっちゃけていえば牛のことしか知らなくても良いわけです。

 

となると広く浅くより狭く深くのスタイルのほうが適しているわけです。

 

もう牛の獣医師としてお金をもらっているわけで、犬や猫に詳しかったとしてもあまり意味がない状況です。

だから就職してから求められるのは、1つに特化して突き詰めていける能力です。

 

僕の先輩でも「この人すげえなあ」って人は、探求心がものすごく、貪欲に勉強してスキルを身に着けている人です。

 

だから学生のうちからあまり合理的に考えすぎて、「そこはテストに出ないから…」とか「別に知らなくても良いや」って考えるのではなく

 

「めっちゃ面白いし、多少非合理でも突き詰めてみよう!」ってなる人のほうが獣医師として成果を挙げられているような気がします。

 

別にそれは獣医学に限ったことではなくてもいいのです。

好きなこと、趣味、バイト、研究、時間がたくさんある学生だからこそ、ガンガン突き詰める能力を伸ばしていくべきだなって思いました。

 

具体的に何をすればいいのか分からない人達へ!

受験生くん
受験生くん
獣医師として必要な能力はなんとなく分かりました。でも、じゃあ実際にどういうことをしたら良いんですか? 
のすけ
のすけ
確かに具体的なことが分からないよね!だからこれから僕が実際に役に立った経験をシェアしていくね!

 

①色んなアルバイト

僕が真っ先に挙げるのは、やはりアルバイトだろうと思います。

これが一番手っ取り早く社会人として必要な能力を養う場所だと思います。それは獣医師になる人も例外ではありません。

 

僕の経験上の話ですが、獣医学科の学生って割と実家が裕福な人が多い傾向にあると思います。だからそこまで学生時代もお金に困らない。

 

だからアルバイトもそこまで必要ない。という人が多い気がします。

 

でもアルバイトはお金を稼ぐ以上のことがたくさん身に着きます。そしてそれをしていない人は、確実に社会に出てから苦労しています。

 

僕自身色んなアルバイトをしてきました。塾に始まり、ホテルの接客、披露宴のスタッフ、保育園、ドッグランのスタッフ、パチンコ店員、イベント(ゲーム、ライブ、フェスなど)スタッフ、教材販売などなど…。

 

・塾では相手に伝わるように物事を教える能力
・パチンコ店員では笑顔とあいさつの重要性
・ドッグランでは動物のこと
・ホテルや披露宴では身だしなみやマナーの重要性
・イベントバイトでは言葉遣いや口調
・教材販売では相手の気持ちを汲みながら、自分の話を伝え居ることの難しさ…

 

とにかく挙げたらキリがありません(笑)

当時は大変な思いをたくさんしましたが、それが全て自分のスキルとして現在とても役に立ってくれています。

 

それに学生時代のバイトなんて、ぶっちゃけいくらミスしようが、最悪バックレようが、そこまで責任はないですよね?(笑)

 

だからすごく気楽にやれるはずなんです。社会人なってからはそう簡単にはミスもしづらくなってきます。

だから基礎的なスキルは学生のバイトで楽しく無責任(?)に身に着けておいたほうが良いんです。

友達と一緒に思い出作りくらいの感覚でやってたバイトが、実は後々すごく役に立ってくれることは良くケースです。

 

それを「別にお金に困ってないし…」とか「だるい。めんどくさい。家でゴロゴロしてたい」って理由でやらないのは、単純にもったいないしつまらないでしょ!

 

僕が1年働いてきて、大学の同期の中ではすでに仕事を辞めてしまった人も結構います。
確かに可哀そうな理由もあるのですが、打たれ弱い、適応力がない人が多いのも事実です。

 

そういう人はやはりアルバイト経験、つまり社会経験が少ない傾向にあります。

 

社会人になったら嫌でも自分で何とかしなきゃならない場面が沢山あります。その訓練を学生時代のアルバイトで積んでおきましょう!!


 

②一人暮らし

これは通う大学の立地にもよるんですが、絶対にしておいたほうが良いと思います!

僕自身6年間ずっと一人暮らしをしていたのですが、感じる恩恵はとても多かったです。

 

ざっと挙げるだけでも

・お金の管理・やりくりなどのスキルが上達する
・自炊のスキルが上がる
・生活力(家事など)が向上し、どこでも生きていける
・色んなトラブルに見舞われても、対処していく力が付く
・寂しさに強くなる(笑)

 

こういったメリットがあります。まず一人暮らしをするとなると、とにかく色んなお金が必要になります。

 

仮に親から仕送りとしてお金をもらっていたとしても、それを払いながらやりくりするのは自分自身です。
バイトがどのくらい必要か、出費と収入の計算など、とにかくお金を管理する能力が身に着きます。

 

実家にいると、食費も家賃も光熱費も基本的に気にしなくても生きていけます。

でも一人暮らしをすると、とにかく色んな出費があります。トイペが切れた、食材がない、教科書代、家賃光熱費、小さな備品などなど…

 

生きていくのに何が必要で、どのくらいお金がかかるのか。それを学生時代に知っておくと、社会人になった時に本当に役立ちます。

 

また、たびたび変な人が家に訪ねてきます(笑)

宗教勧誘、NHK、新聞の勧誘、酔っ払い、変な隣人(?)などです。そういった人達への対処も自分で行うことで、社会人として重要な”トラブル対処能力”が勝手に身に着きます。

 

僕は外国人2人が家にやってきて、なんか宗教の話をずっとされて、それ以降道で会うと挨拶してくれるくらいの仲になりました(笑)

 

あと、寂しさに対する耐性も身に着きます。基本的に獣医師の職場は同期が少ないので、学生時代のようなワイワイ感は少ないです。

 

そんなときのどうしようもない寂しさも、学生時代に一人暮らしを経験していれば、耐えられるようになります。

 

ぱぐのすけ
ぱぐのすけ
でも、関東とかに住んでいる人は通いの人も多いじゃない?そういう場合はどうすれば良いの?

そういう場合も多々あります。
特にそこまで忙しくない低学年の時から一人暮らしは厳しいという人も多いでしょう。

 

だから例えば勉強や研究室が忙しくなる5年生あたりから一人暮らしを始めるのがお勧めです。それなら親も説得しやすくなります。

 

とにかく大学生のうちに1年でもいいから1人暮らしをして、生きていくにはどういう知識やスキルが必要なのかを学んでおくべきです。

 

正直社会人になっていきなり一人暮らしを始めるのは、かなりしんどいです。仕事がすでにきついのに、その上1人暮らしデビューというのは、ハードさが2倍以上になります。

 

病んでいく原因になりかねません。1人暮らし歴6年の僕でさえ、社会人の生活はハードでしたから(笑)

 

なので、大学生のうちに一人暮らしは経験しておきましょう!!


③海外旅行

今のご時世いけないよ!!って感じですけどね(笑)

でもコロナが収束していったらぜひ行ってみてほしいのです。僕自身も大学5年生で初めて海外に行きましたが、とにかく得るものは大きかったです。

 

3週間東南アジアを回る旅をする中で、今でも役立つ経験が沢山ありました。

 

どうして僕が海外旅行をお勧めするのかというと、

・違う文化、価値観の人と意思疎通をする必要があるから
・数え切れないほどのトラブルに対処しなくてはならないから
・自分の考え方・価値観が広がるから

 

というような理由があるからです。

僕は本当に昔は日本大好き人間で、海外なんて一生行かないだろうって本気で思っていました(笑)

 

でもたまたま友達からの誘いで、タイに行くことになり、そしてそこで自分の狭い狭い価値観や考え方が壊され、世界が広がる感覚がありました。

 

そして他の国々も旅する中で、数え切れないトラブルに見舞われ、その度に自分で何とか対処し乗り越えることで、たくましさが身に着いていきました。

 

フライトがなくなる、ぼったくられて切れられる、騙される、迷子になる、言葉が通じないなどなど。でもそれを自分で何とかすることで、色んな力が身に着きます。

 

また旅で出会う色んな国の人との会話や交流の中で、多様性を受け入れる精神が身に着き、自分の世界が広がります。

 

中国のボディビルダー、エチオピアの英語教師、フランスの金髪娘、カンボジアのおじさん、ベトナムの親切な夫婦、タイのレディーボーイなど。

 

拙い会話ではありましたが、凝り固まった自分の価値観や世界観が壊され、そして新たな世界を知ることが出来ました。

 

獣医師として働いてみて、色んな人に出会いました。良い人ばかりではありません。
でも確実に海外旅行での経験が、現在の仕事で僕を助けてくれています。

 


 

④研究室活動

これに関して言えば、僕はサボりまくっていたので、偉そうなことは言えないのですが、今となってはちゃんとやっておけば良かったと後悔しています(笑)

 

どうしてかというと、先述の通り獣医師として働くようになると、学生時代に比べ狭く深くの仕事になっていきます。

 

突き詰めて突き詰めて、その動物種や疾病などのスペシャリストになっていく必要があります。

 

その時に研究室活動で自分の研究分野を突き詰めた経験というのはとても役に立ちます。僕はそのバックボーンがなかったので、割と苦労しています(笑)

 

論文を読む力、自分で調べ実験してみる力、根拠をしっかり持って行うことなど、研究室活動で得られることが役に立ちます。

 

また少なからずそこで学んだ内容が直接役に立つこともあります。
だから研究室活動をやっておくことも大切だったなあと思う日々です(笑)

 

これは僕自身の反省ですね(笑)

 

⑤筋トレ!!

これは男女関係なくやってほしいです!

メリットしかないので!!!
僕自身多くの恩恵を感じています。

 

社会人になるとどうしても思考や生活が仕事に支配されてしまいがちです。そのことばっかりになってストレスがたまり、だめになってしまいます。

でも筋トレという仕事とは全く関係ない分野を頑張ることで、仕事一辺倒になるのを防ぐことが出来ます。

 

健康も維持できますし、自信もつきます。体型もカッコよくなり、力仕事も余裕でこなせるようになります。
そしてモテます。メリットしかありません。

 

また過去の自分を超えたという成功体験が、他のことも頑張る自信へとつながります。ひいては仕事にもいい影響をもたらしてくれるわけです。

 

セロトニンの分泌も増え、幸せを感じることが出来ます。ストレスへの耐性も、困難の乗り越え方も身に着きます。

 

だまされたと思ってとりあえず1か月ジムに通ってみてください!

きっと虜になるはずです!
しっかり科学的根拠もあるんですよ!

 


大学での成績も重要じゃないの??

ぱぐのすけ
ぱぐのすけ
でもやっぱり大学の勉強や成績も大切なんじゃないの?
のすけ
のすけ
確かにそれも大切だね!でもやっぱり知識なんてほとんど忘れちゃうし、仕事が始まれば嫌でも学ぶことになるんだ。だからやっぱり大切なのは経験かな!

 

確かに大学での勉強はとても重要です。でもやっぱりそれ以上にどの程度多くの経験を積んだかのほうが大切だったなって、今では思います。

 

獣医師として働き始めれば、皆勉強するようになりますし、多くの知識も身に着いていきます。そこら辺の心配はあまりいらないです。

 

それ以上に大学時代にどれだけ多くの経験をしたかのほうが圧倒的に大切です。社会経験がその最たる例です。

 

獣医学科は基本的に就活で苦労することはありません。ほとんどの人が数日、あるいは1日で終わっちゃうこともあります。

 

試験をパスして進級し、国試さえクリアしてしまえばだれでも獣医師として働くことが出来ます。

 

面接やESみたいなものもほぼありません。
学生時代どう過ごしたかはそこまで就職においては重要視されないのが現実です。

 

だからその重要性に気付けないかもしれませんが、やはり社会に出たらそっちの経験のほうが圧倒的に重要です。

 

勉強は知識は社会人になってからでも十分巻き返しが出来ますが、学生時代にしかできない経験はもう取り戻すことが出来ません。

 

実習にたくさん行ったり、バイトもしたり、恋愛して遊んでイベントたくさん参加して、とにかく大学生活を楽しみつくすほうが大切だと感じました!

 

誘われたらとりあえず参加してみるノリの良さを!

飲み会、旅行、遊び、勉強会など、大学生の時は本当にたくさんの誘いを受けることになると思います。

 

ぶっちゃけめんどくさい誘いもありますよね?

でも僕はこういうのに自分で考える前に参加しちゃえ!って思います。初めて行く場所、初めて会う人、普段とは違う環境に誘われたときは特に、です!

 

それに行かないで例えば家でYouTubeを観たり、ゲームしているほうが気楽かもしれません。

 

でもやっぱりそれだと何も普段と変わらず、経験値も得られません。つまり自分がレベルアップすることもないのです。

 

知らない場所や知らない人と会うとき、何とかして乗り切ろうと工夫します。実はその経験こそ社会に出たときに求められる能力なのです。

 

初期値じゃなくて、その初期値をどう上げていくかが獣医師として求められるスキルなのだと獣医師として働いてから僕は気づきました。

 

分からないこと、できないことは、先輩に聞くなり、たくさん練習するなり、勉強会に参加するなり、自分で工夫しなくてはなりません。

 

受け身で構えてるだけの人に、手取り足取り教えてくれる先輩ははっきり言っていません。自分からアクションを起こさないと、本当に何も変わらないんです。

 

僕も苦手な分野は、往診後に先輩についていって練習したり、自分で家で勉強したり、色んな人に聞きまくったり、勉強会に参加したりすることで補っています。

 

でもこれもすべて自分で動いたからです。誘われたわけではありません。

 

そしてそれ以外でも、何の気なしに参加した飲み会や、先輩たちとの遊びやイベントで知り合った人から、思わぬ良い情報をもらったりします。

 

飲み会で先輩がポロっといったことが、そのまま普段の診療で役立って、牛が治癒したこともあります(笑)

 

また僕がNOSAIのプロモーションビデオに主演することが出来たり、実際に大学で授業を行えたり、色んな就職説明会で発表できたのも、飛び込んでみたからです。

 

1年目とか関係なく、色んなことにチャレンジする精神が、結果的にいい方向に向かってくれます。

 

それも大学生活のなかで色んなことに挑戦してみたから、社会人になってからも出来たんです。やはり学生時代にそういう習慣はつけておくべきです。

 

結局何が役に立って、自分の成長につながるかなんて、飛び込んでみてからじゃないと分からないんです。

 

家にいていつもの日常を過ごすだけでは大した進歩は生まれません。何かに飛び込んで、ストレスを感じながらも色んな経験をする。

 

それが社会人になっても重要な役割を果たしてくれます。

だからとりあえず誘われたら「Yes!!」と言って思考する前に飛び込んでみましょう!

それでつまんなかったら辞めたらいいだけですし。

 

僕がこれを痛感した映画が、”イエスマン”って作品なんですけど、多少大げさでも人生なんてこんなもんだなって実感した映画でもあります(笑)


 

大学生のうちに、その癖をつけておくときっと社会人でも役に立ちます!!
大学生活をせっかくだからノリ良く楽しんでくださいね!!

 

では!