日本最北端の獣医師ブログ!
獣医学科の小ばなし

獣医学科に入り、獣医師になることのメリットとは?【迷ってる人へ】

皆さんこんにちは!

最北端獣医師のノスケです!
僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し現在は日本最北端の地で牛の獣医さんをやっています。

僕が獣医学科を卒業し、獣医師国家試験を終えてから早一年が経ちました。もう僕が獣医師として働き始めてから1年が経ったということでもあります(笑)

 

僕が獣医学科を目指してから、こうやって実際に働くようになるまでほぼ10年くらい経過しました。

 

当時は「なんとなくカッコいいなあ。目指してみようかな」くらいの気持ちだったのですが、実際に獣医学科に入り、そして獣医師になってみて、実に多くのメリットを感じました。

 

もしこれを読んでいる人が、「獣医学科を目指したいけど、ちょっと迷ってる…」みたいな気持ちを持っているなら、ぜひ読んでみてほしいです。

 

ただ動物を治療できるということ以外にも、実に多くのメリットが獣医さんにはあるんです。

 

今回の記事の内容!

・獣医学科、獣医師のメリット!
・獣医師の可能性!
・獣医学科を諦めてしまう大きな理由と対策法!

 

こういったことについて語っていこうと思います。こればっかりは実際に獣医学科に入り、そして獣医師として働いている僕だからお話できると思います。

 

「獣医学科に入ると、こんなメリットもあるんだ~」って知ってもらって、普段の勉強のモチベーションにしてもらえたら嬉しいです!!

 

ではいきましょう!!


 

獣医学科・獣医師のメリットとは!?

 

①獣医師免許の汎用性はとても高い!

 

獣医師になるために国家試験を受験し、それに無事合格するともらえる”獣医師免許”

 

これって皆さん動物を診療するための免許だって思っていませんか?
まあ部分的には合っているんですけど、実はこの獣医師免許はもっといろんな使い方が出来るんです。

 

例えば、動物を診療すること以外にも、獣医師の仕事はたくさん存在しています。

 

国家公務員として、空港において危険物が持ち込まれていないかをチェックする仕事、日本の農業を支える農林水産省に勤める人もいます。

 

また、地方の公務員として、僕たちが普段食べるお肉の検査を行ったり、病気の検査を行ったり、飲食店の検査をおこなうのも獣医師の仕事なんです。

 

そのほかにも製薬会社で新しい薬の開発に携わる人もいます。

 

皆さんの想像の獣医師は、白衣を着て犬や猫などを治療する獣医さんが一般的かもしれません。でも動物が関わっているのなら、どんな仕事も獣医師が関わっています。

 

だから寄生虫の研究を行う獣医師もいますし、魚の獣医さんだっています。こんなに幅広い職種をカバーする資格は、他に存在しません!

 

獣医師免許ひとつで仕事はよりどりみどりなのです!

【獣医師が語る!】獣医師の仕事内容について!【獣医師免許】皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです。僕は2014年に一浪の末麻布大学の獣医学科に合格しました。 その後6年間の学生...

 

また獣医師免許を持っているだけで、世間一般の人たちからは”動物のプロフェッショナル”として見られます。

 

つまり動物業界において、自分の存在に箔が付くわけです。

 

例えばペットフードやペットのアパレルなども、獣医師が監修・推薦しましたという文言があるだけで、説得力が増しますよね?

 

要するに使い方は無限大というわけです。これからの時代新しい獣医師のあり方がどんどん出てくることになると思います。

 

そんなときに獣医師免許を持っているということは、とても強い味方になります。

 

またどんな時代になろうとも、獣医師の仕事がなくなることはありません。人が動物たちと共生していく限りは獣医師は必要不可欠です。

 

今の時代は、色んな仕事がなくなっていくと言われていますが、獣医師はまだまだそんな時代は来ないと思います。

獣医師でいるうちは食いっぱぐれることはないでしょう。

 

それが大きな獣医師のメリットなので、一番最初に持ってきました。

 

 

②獣医師という仕事は希少性が高い

皆さんは、毎年獣医師が何人輩出されるか知っていますか?

答えはおよそ1000人です!

受験生くん
受験生くん
ええ!そんなもんしか居ないんですか??もっといると思っていました…。

 

実はこれくらいしかいないんです。医者や薬剤師、歯科医師といった他の医療系の学生は、毎年10000人以上新卒として輩出されています。

 

その1/10以下なんです。これくらい獣医師って仕事はレアであるということです。

 

これだけ職業の認知度が高く、憧れの職業ランキングでも常に上位に位置している獣医師なのに、なれる人はこれしかいない。

 

だからこそメリットが沢山あります。

 

そしてレアな仕事なのに、職域はとっても広い。活躍の場がとても多いんです。つまり可能性に満ちあふれているんです。

 

獣医師という仕事はまだまだこれから発展していくでしょう。その可能性に満ちた世界に、少しのライバルしか存在しない。

 

これがどういうことか分かりますか?

獣医師という仕事はチャンスだらけってことです!!

 

③めっちゃモテる!

これはもしかしたら男女で違うのかもしれませんが、男の僕はそのことをとても実感しました。

 

先ほども述べた通り、獣医師って仕事はとてもレアなんです。世の中に限られた人数しかいません。

なのでとにかく色んな人が興味をもってくれます。

 

例えば「僕は獣医学科です」ってバイト先や、合コン、出会った人に言ってみてください。100%食いつくから。
「え、凄い!獣医さんになるんですね!」ってなるんです。

 

僕は実際にそれで彼女が出来ました(笑)
動物を世話するバイトをしていたのですが、その姿がサマになっていたようです(笑)

 

まあ獣医学科に入っていたからそう見えただけでしょうけど…
モテるってメリットは確実にあります!!

 

しかも別にそれは異性に限ったことではありません。とにかく出会う人に興味を持ってもらえることが多くなります。

 

バイト先だったり、大学繋がりで知り合った人、海外に行った時だってそうでした。「どんな勉強してるんですか? どんな仕事があるんですか? 自分も動物飼ってて」みたいに色んな話が出来ます。

 

やっぱり肩書って大切なんだなって改めて思った瞬間でもありました(笑)

 

要するに獣医学科の学生、獣医師というだけで多くの人に興味をもってもらえるってことです。

それは自分を知ってもらうチャンスなわけで、そこで思わぬ出会いだったり、仕事だったりに巡り合うことが出来ます。

 

人を惹きつける魅力が獣医師という仕事にはあるんです。

 

まあ獣医学科に入るためにそれだけ頑張ったのですから、それくらいの見返りはしっかりあるってことですよ!

ぶっちゃけ獣医学科は医学科よりモテる!皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!! 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端で牛の獣医師をやってい...
獣医学科の恋愛事情!!♡皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです! こんな疑問にお答えします!せっかく獣医学科合格に向けて日々頑張ってい...


 

④学生生活が長いからいろんな経験が出来る

普通の大学生ならば、学生生活は4年間しかないですよね?

しかも3年生の後半からは就活が始まり、長い人だと4年生の中頃~後半くらいまでそれが続きます。

 

となると実際に学生生活を純粋に楽しめるのなんて2年半~3年くらいしかないわけです。これって実はめっちゃ短いんですよ!

 

獣医学科はその点、学生生活が6年間あります。
この2年間の差はとても大きいです。

 

僕が実体験として感じたのは、学生生活の序盤(1~2年)は授業やバイト、サークルとかとにかく新生活に慣れて乗り切るので精一杯です。

 

まあそれはそれで楽しいんですけど、それってある意味月並みな大学生活なわけで。
楽しいけどそこまで自分の成長につながらないことが多いです。

 

そして色々慣れてきて、やっと他のことに挑戦するようになります。僕で言えば筋トレ、コンテスト出場、海外旅行、投資やお金の勉強、そして本業の獣医師の勉強や就職のインターンなどです。

 

まあ早い段階でそれを行える人は素晴らしいのですが、やはり最初は頭空っぽで遊びたいじゃないですか。

 

そして気づけば就職。いきなり自己分析やインターン、企業分析とか無理です(笑)
時間が短すぎるような気がします。

 

でも獣医学科ならば、そこにプラス2年の学生生活があります。さすがに遊びにも飽きてきて、色々考えるようになった時に、2年間の猶予があるんです。

 

そこでたくさんのインターンや実習、研究室や勉強、バイトや趣味、旅行などに費やす時間がまだまだあり、自分を磨くことを追求できます。

 

僕自身こうやって社会にでて役立つ経験や自信が付いたのは、大学5年生以降の出来事が要因となっていることが多かったです。

 

正直4年間って僕には短いなって思います。獣医学科なら6年間学生生活があるため、幅広い獣医師の仕事から、自分のやりたい方面や職域をじっくり選ぶことが可能です。

 

そしてそれに必要なスキルや経験を積み、勉強する時間も十分にあります。

 

それが大きなメリットだったと僕は感じました!!

獣医学科は6年間あるから良いことだらけだった話!皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです! 僕は麻布大学の獣医学科を卒業して、現在は日本最北端の地で牛の獣医師をやっています...

 

⑤獣医学生ならではのバイトがたくさんある

これは他の項目にも関わってくるのですが、獣医学科の学生というだけでアルバイトにおいても恩恵があります。

例えば塾講師のバイトです。

 

獣医学科の学生は秀才という世間的なイメージがあるため、レベルの高い塾でも採用してもらえる可能性が高いです。

 

またあまり教えられる人がいない生物のスペシャリストとしても重宝されます。
他の先生たちとしっかり差別化が図れているんです。

 

 

僕自身、名前は出せませんが、1講座10,000円の塾で働いていたこともあります。そこには獣医学科志望の生徒も結構いたため、その生徒のアドバイザーとしても重宝されました。

 

また、動物病院でのバイトをする人も多く、それは直接自分の将来の役に立ちます。

 

他にはドッグランのバイトもしました。これは獣医学科の学生である僕たちが見守ることによって、飼い主さんが安心して来られるというコンセプトでした。

 

僕たちは当時学生だったため、そこまで知識や経験があるわけではなかったのですが、それでも世間からは獣医の卵として見られるため、そういったバイトをすることも出来たわけです。

 

しかも高時給で!(笑)

 

そのほかにも色んなユニークなアルバイトがあったのですが、それに関しては以下の記事を参照してみてください!!

獣医学生のアルバイト事情(獣医学科とアルバイト) 皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです! こんな疑問にお答えしていきます! 今回の記事の内容! ・獣医学科...

 

⑥普通に獣医師の給料は良い!

なんか獣医師の給料って安いみたいに言われてますけど、そんなことないですからね!

同世代の平均に比べたら、年収では200万円くらい常に高い水準で推移していきますし、それ以上に稼ぐチャンスもたくさんあります。

 

 

確かに同じ医療系の医者と比べてしまうと見劣りするのですが、薬剤師や歯科医師より平均年収は高いです。

 

またその中でも、僕がいる産業動物の世界は給料が特に高いですね。

 

1年目の僕でも、手取りで32万円くらいはもらっていますし、北海道の東(根室や釧路)で働いている同期は、既に手取りで40万円近くもらっている状態です(羨ましい…)

 

つまり1年目でも、額面で年収が700万円くらい、あるいはそれ以上行く人もいるんです。

 

これって普通にかなり高いですよね?

まあ確かに小動物病院に勤務している人は、勤務時間の割には安いかもしれませんが、それでも将来開業のチャンスも考えれば、可能性は無限大です。

 

 

給料だけが全てではないのですが、獣医師の職域がこれだけ広く、いろんな方面から選ぶことができ、その上給料もしっかり高いので、やはりこれも大きなメリットだと僕は思います!

 

 

NOSAI獣医師の僕の仕事や給料、生活について全てさらします!!皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです! 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端で牛の獣医師をし...

 

 

⑦人間のバラエティーにめちゃくちゃ富んでる

僕が感じたメリットの中で一番と言っても過言ではないと僕は思います!(笑)

 

獣医師を目指して、そのなかで最後までそれを諦めずに獣医学科に入ってくる人って、やっぱり少し変わっている人が多いです(笑)

 

でもそういう人がたくさんいる獣医学科って、確実にめっちゃ楽しいです。今までにあったことの無いような人がたくさんいます。

 

これはどの大学にも負けないと僕は思います。6年間一緒にいても飽きません(笑)

 

僕は岩手の田舎から上京し、麻布大学に通いましたが、本当にカルチャーショックを受けまくっていました。全国津々浦々からやってくる学生たち。

 

それだけでも面白いのに、皆それぞれなりたい獣医師像がしっかりとあって、そしてそれをぶつけ合います。

 

皆それに見合うだけのアクションを起こしていますし、熱量がものすごいです。

 

 

小動物獣医師を目指す人、大動物獣医師を目指す人、公務員、製薬会社、獣医師の新たな可能性を見出そうとする人、いきなり海外で活躍する人など本当にすごい人たちばかりです。

 

 

それは就職してからも同じで、皆モチベーションがめっちゃ高いです。自分の夢に向かってひたすら努力しています。

 

丸くなるどころかさらに研ぎ澄まされていく人たちばかりです。
こんな面白い同期に囲まれているだけでも、相当人生面白いですよ(笑)

 

 

2年目ですでに動物病院を経営してる人もいます。
ペットのアパレルを手掛けている同期もいます。海外で資格を取ろうとしている人もいます。

 

 

そりゃ自分も負けてらんねえ!って刺激をもらいまくりです。
これが大学1年生から就職後も続くんで。

 

 

こんな素晴らしい学部ないですよ!!

 

まだまだある獣医師のメリット!

上にあげたのはほんの一部に過ぎないです。

細かいメリットを挙げていけばもうキリがないくらいです(笑)

 

箇条書きにしてあげていくと、

・動物と触れ合えまくれる
・就活が楽で、進みたい分野に就職しやすい
・可愛い子が多い
・女子の比率が高い
・縦、横のつながりが強く、大学間の関係も強い
・大学間で国試合格率や就職に差がない
・授業の質や実習もレベルの差がない
・色んな年齢の人がいて(20代~40代)、交流の幅が広がる

 

などなどあります。もうほんと終わりが見えなくなるのでこの辺で(笑)

でもやっぱり大学間で卒業後や進路、国家試験において差が生まれないのは本当にメリットでしかないです。

 

これも獣医学科ならではだと思います。

 

あとは自分で実際に獣医学科に入り、獣医師になって見つけていってください!!

 

それもまた楽しみですよね!!

 

 

何のために獣医師を目指しますか?

皆さんはどうして獣医師を目指していますか?

 

多くの受験生や学生の人は、「動物を治したいから!!」という理由だと思います。確かにそれがきっかけという人は多いでしょう。

 

でも頑張って獣医学科に入った先には、それ以上の恩恵がたくさんあります。今は想像できないかもしれませんが、入れば分かります。

 

そこで出会う人、自分が経験すること、獣医師の可能性、楽しさ…

僕は想像の10倍は軽く恩恵を感じました(笑)
僕の浪人生活は確実に報われたと年々感じたのを覚えています。

 

正直言って、獣医学科は大学受験が一番大変です。入ってからの定期テストCBTやOSCE、国家試験でさえも、大学受験に比べたら楽勝です。

 

だから獣医学科を目指す皆さんは、いきなり一番大変な関門に挑戦していることになります。くじけそうになる気持ちも分かりますし、思うような結果が出ないこともあるでしょう。

 

でもたとえまぐれでも入ってしまえば、そこには想像超えた世界が待っています。

 

だからもししんどくなったら、想像の10倍楽しい世界が待っていると自分に言い聞かせて乗り越えてほしいのです。

 

僕が浪人生活を経て感じた獣医学科合格に必要なことはこのブログでしっかりお伝えしていきます。

 

だからそれを信じて、もう少しだけ頑張ってください!!

では!!

浪人生が獣医学科に合格するために知っておくべきこと10選! 皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業して、現在は日本最北端の地で牛の獣医師を...