日本最北端の獣医師ブログ!
獣医学科の受験情報

獣医学科を受験する人がやってはいけない併願の方法とは!!

皆さんこんにちは!

最北端獣医師のノスケと申します!
僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端地で牛の獣医師をやっています。

 

2年目に突入し色々と大変なことも増えていますが、なんとか乗り切っています(笑)

 

 

さてさて、大学受験においてたびたび耳にするのが、”併願”という言葉。
今の時代受験校を1校だけにする人のほうが少ないんじゃないでしょうか。

 

そしてそれは獣医学科受験においても同様で、むしろ倍率が5~10倍がザラである獣医学科では、併願しない人はいないくらいです。

 

 

でもここで大きな問題が発生すると僕は思っています。
それは併願をする際に、したほうが良い併願のやり方と、してはいけない併願のやり方があるということです。

 

 

受験生くん
受験生くん
そんなのがあるんですね!したほうが良い併願のやり方とは何ですか?

 

のすけ
のすけ
気になるよね!そしたらまずはしたほうが良い併願の方法から紹介するね!それは以前の記事でも紹介したんだけど、獣医学科を複数受験する方法だね。

 

過去の記事でも、僕は獣医学科を受験する人は、複数の大学を併願するほうが良いということを述べてきました。

 

と言っても、国公立大学は前期後期と1校ずつしか受験できないので、物理的に併願は不可能です。

 

なので私立の獣医学科に限られてくるのですが、基本的に僕は私立の獣医学科は全大学受験したほうが良いと思っています。

 

その理由として、

 

・獣医学科は大学間での差が少ないからどこに入っても問題ない(教育レベル、国試合格率など)
・どんなにいい判定をもらっても、当日の運など予想がつかないことが多いから
・補欠合格などの可能性もあるから

 

などが挙げられます。

詳しくは以下の記事たちを参照してくださいね!

獣医学科に学歴ってあるの??皆さんこんにちは!!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学獣医学科を卒業、獣医師国家試験に合格し、現在は日本最北端の北海道稚...
私立獣医学科を徹底比較!!(どこに進学するか迷っている人へ)皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです! 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医師をや...
私立獣医学科に全落ちして麻布に救われた男の話皆さんこんにちは!!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっています!...
私立獣医学科はとりあえず全大学受験しよう!皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです! 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業して、現在は日本最北端の地で牛の獣医...
獣医学科で追加合格(補欠合格)を貰うために必要なこと!皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケというものでございます。 僕は現在獣医師として働いている傍ら、こうやって獣医学科について...

 

とはいえ私立獣医学科を全部受けなくても大丈夫という自信がある人、メインが国公立大学志望で共通テスト利用などで確実に合格できる人は、その限りではないです。

 

私立の獣医学科をすべて受けるのは疲弊するので、戦略立ててやる必要があるからです。

 

これが僕がおススメする獣医学科受験をする人の併願の方法です。

 

 

そして!
今回のメインテーマなのが、”獣医学科を受験する人がやってはいけない併願の方法!”

です。

 

 

意外と多くの人がやってしまっていることであり、それによって結果が悪い方向に行ってしまいがちなので、気を付けて欲しいのです。

 

今回の記事の内容!

・獣医学科を受験する人がやってはいけない併願の方法とは?
・どうしてそれをしてはいけないのか?その理由とは?
・実際にあった悲しい事例たち

となっています。

 

今回の記事は、獣医学科に限った話ではないので、ぜひ多くの受験生に読んでもらいたいと思っています。

 

というのも、これは獣医学科受験以外でも共通することだからです。

 

 

ではいきましょう!!



獣医学科を受験する人がやってはいけない併願の方法とは?!

のすけ
のすけ
じゃあ獣医学科を受験する人がやってはいけない併願の方法を紹介するね!それは、”他の学部学科も一緒に受験すること”なんだ。

 

そうなんです。

獣医学科を受験しようと思っている人がやってはいけないのが、”他の学部学科も一緒に受験すること”です。

 

これをやってしまっている人は、思っている以上にたくさんいます。

例えば良く見られる事例として、薬学部との併願だったり、他の生物系や動物系の4年制学部との併願、そして医学部との併願が多いですね。

 

 

こういった併願の方法をしてしまうと、獣医学科の合格率がガクッと落ちてしまいかねませんし、大袈裟ではなくその後の人生おいても大きな影響を与えることになります。

 

 

それは偏差値の問題ではありません。
たとえ獣医学部よりも偏差値が高い医学部を受験する人が、併願先として獣医学部を受験するという場合でもです。

 

どうして学部学科を超えての併願がよくないのか。

その理由を紹介していこうと思います!

 

どうして学部学科を超えた併願をしてはいけないのか?

 

①本命に落ちてもいいやという気持ちになるから

これが最大の理由なんですけど、本当になってしまう人が多く恐ろしいことです。

 

例を1つ挙げてみましょう。

 

良くある事例として、薬学部と獣医学部を併願することがあります。確かに薬学部は同じ6年制の学部ですし、偏差値が似たような大学もあり、同じ医療系です。平均年収も高いです。

 

獣医学部だけでは不安な人が、滑り止めとして獣医学部より少し偏差値の低い大学と併願することも多々あります。

 

 

でもそうすると、「まあ獣医学部がだめでも、薬学部があるしなあ~」とか、「どっちでも入れればいいや~」って考えになることがあります。

 

というかほぼなります(笑)

 

これは実体験でもあり、僕が受験生だった時に実際に周りにいた人のことでもあります。

 

僕は浪人中に何度も何度も精神不安定になりました(笑)
というのも現役時代に、1つとして受かった大学がなかったからです。

 

 

成功体験がないわけですから、ただでさえ不安な浪人生活はさらに不安になります。

「本当に獣医学科オンリーで突き進んでも良いのだろうか?2浪はしたくないから、保険を用意しておくべきではないのか?」と考えだしてしまったのです。

 

 

そこで頭に浮かんだアイデアが薬学部の併願でした。
ちょうど獣医学部の少し下くらいの大学、名前を挙げると、”北里大学”や”立命館大学”の薬学部ですね。

 

確かに保険と言えば聞こえはいいのですが。

 

 

でもこの考えが出てきた瞬間に、「別に薬学部も悪くないよな~。獣医にこだわる必要なんてないかあ」って思いも同時に芽生えたのです(笑)

 

 

人間は本当に楽な方向には物凄いスピードで落ちていくんですね。
それが追い込まれているときならなおさらです。

 

 

でもそれを親に相談した時に、めちゃくちゃ怒られたのを覚えています(笑)
何のために浪人したのか?獣医師になりたいんじゃなかったのか?そんな思いで薬学部に行くな!などなど・・・(笑)

 

 

おかげさまで目が覚めて、改めて獣医学科一本で挑戦する覚悟を持てたので、本当に親には感謝なのですが、改めて考えると恐ろしいです。

 

 

△△があるから、仮に本命の○○がだめでもいいや。

 

この考えは、本気で第一志望に進む思いを一気に奪います。
そして全てが中途半端になります。

 

 

世の中で夢を叶える人に共通することとして、どれだけその思いを強く持てるかということがあります。

 

それは受験でも同じで、第一志望に進みたい思いを最後まで持てた人だけが、合格することができます。

 

そんな気持ちでは獣医学科に合格なんて絶対できませんでした。

 

獣医学科一本で考えていたからこそ、いかにして合格するか、受験プランはどうするか、本気で考えられたのだと思います。

 

 

これは他の事例でもそうです。
他に逃げ道があると思うから、本来の第一志望に本気になれない。
そういうモノです。

 

 

もしこれが、最難関といわれる医学部を受験する場合でも同じです。
滑り止めとして獣医学科を受験しようと思ったら、本来の第一志望の医学部に本気になれないとおもいます。

 

 

だから、学部学科を超えた併願は、それが偏差値の高低にかかわらず辞めたほうが良いのです。

 

 

 

②獣医学科以外に進んだ時に、後悔が残るから

もしそれで実際に別な学部学科に進んだとして、心から楽しめるのでしょうか。
僕はそうは思えないのです。

 

 

本当は獣医師になりたかったのに、という思いはずっと付いてまわるものです。

 

だからこそ、獣医学科には年齢を重ねてから再挑戦する人がたくさんいるのです。
そしてその再挑戦がうまくいけば良いですが、ずっとモヤモヤを抱えてしまいかねません。

 

 

受験生の心理状態として、受験勉強を始めたときの

 

第一志望に合格>>>受験を終わらせて大学生になる

 

という最初の状態から、受験勉強が進み精神的にしんどくなってくると、

 

受験を終わらせて大学生になる>>第一志望に合格

 

になります。これはほとんどの人がそうなります。意志がそこまで強くない10代ならなおさらです。

 

僕の高校では6~7割の人は、第一志望が叶わなかったときに、別な道を選んでいます。

 

 

確かにそれでも、進みたい道に進めた人や、結果的に良い選択だったと言えた人はいます。
受験に対してそこまで重きをおいていない人もいますから。

 

 

 

でも獣医師という仕事を志し、難関と分かっていながら挑戦したいと思っているような人が、そういう風に割り切れるのでしょうか。

 

僕はどうもそうは思えないのです。

 

これは獣医学科以外でも言える話なのですが、受験の苦労はせいぜい数年ですが、そこから逃げてしまったときの後悔はずっと付いて回るのです。

 

 

僕は現在27歳ですが、20代前半~現在にいたるまで、受験の後悔を語っている人はたくさん見てきました。

 

 

同窓会や飲み会、SNSなど多くの場面においてです。
それはあまりにも悲しいと思うのです。「あの時頑張っていれば…」という思いを抱えて生きるのは残酷です。

 

 

そうならないためにも、たとえ精神的にしんどくても獣医学科以外の道を考えないようにしてほしいのです。
特に獣医師という仕事に憧れがあるのなら。

 

 

稀有な例ではあるのですが、僕が麻布大学の獣医学科に入った時に、もともと医学部志望でそれが叶わずに獣医学科に入ってきた人がいました。

 

でもその人は、数か月後にどうしても医学部に行きたいという思いが捨てきれずに、結局中退して、再挑戦の道を選んでいきました。

 

 

 

受験で本来の志望と違う道にすすむことは、モヤモヤを生むことが多いので、気をつけてくださいね。

 


 

③似たような分野に思えても、学ぶことも仕事内容も全然違うから

確かに医学部も薬学部も同じ医療系で6年制ですし、動物を対象とする点で他の4年制の動物系学部は似ているように感じます。

 

でも実際に学生生活で学ぶ内容は全然違いますし、将来の仕事内容も全く違います。

 

獣医師は唯一動物を診療し、治療できる職業です。他の資格ではこの業務は絶対に出来ません。

 

良く学校の先生などは、
「同じ動物系なんだから、4年制のほうでもいいでしょ」とか、「同じ医療系だから薬学部も併願する?」

 

 

なんて言いますが、それは獣医学科というものを全く分かっていないと思うのです。

 

僕自身もそう言われた経験がありますが、実際に獣医学科に入ってみて、完全に間違った認識だということに気付きました。

 

もし獣医師という仕事に憧れがあるのなら、他の分野で代替なんてできないんです。

 

学校の先生は、受験までしか見ていません。
その後どのような学びを得て、どのような資格を取り、どのような仕事をするのかまでは知らないのです。

 

麻布大学にも獣医学部の中に、獣医学科と動物応用学科の2つがあります。
確かに似ている響きです。

 

でも将来の進む道は全然違いますし、動物を診療し治療することが出来るのは、獣医学科を卒業した人だけです。

 

他の道で代替なんてできないことを改めて認識してほしいです。

獣医学科に入り、獣医師になることのメリットとは?【迷ってる人へ】皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです! 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し現在は日本最北端の地で牛の獣医さんをや...

 

まとめ

僕は大学受験とは本当に過酷で残酷な世界だなってつくづく実感しました。

 

知らないことも多い中で選択を迫られ、その時の頑張りや選択が後の人生に大きく影響してくる。
そしてそれが10代にやってくる。

 

 

過酷すぎると思います。
だからこそしんどくなった時に他の道を探してしまいますし、楽なほうへ進みたくもなるし、よく分からない言い訳で自分を納得させようともします。

 

 

でも結局一度自分の心に芽生えた夢というのは、そう簡単には消えてくれないのです。

 

僕は受験において、現役時代にボコボコに打ちのめされ、病みに病みまくった浪人時代を経験しました。

 

何度もこれでよかったのかという自問自答をし、大学生になった同級生を妬み(笑)、本当に合格できるのかという不安に毎晩駆られていました。

 

 

何度も諦めてしまいそうになりましたが、多くの人に支えられ、何とか獣医学科に合格し、現在は獣医師になれています。

 

 

あのとき諦めなくてよかったと、別な道に進まなくて良かったと思う日が増えてきました。
それと同時に、逃げていたらと思うと怖くもなります。

 

 

大学の名前も偏差値も社会に出たら関係ないというのは確かに同意します。

でも受験期に過ごした日々や、受験への向き合い方、努力量や思いの強さは、その後の人生に大きく影響しています。

 

 

もう10年近くも前の出来事となってしまいましたが、僕はあの日々があったから、こうやって仕事をしながらも、獣医師を目指す人たちに向けて情報発信をすることが出来ています。

 

 

多くの人の力になれているのではないかと感じます。
自分という存在に意味をもたらしてくれたのが、受験だったなあと。

あの時は考えもしなかった嬉しい副産物が沢山ありました(笑)

 

だからこそ、獣医師を目指す人だけでなく、大学受験で夢を持ったなら、それを突き通して欲しいのです。

 

確かにその辛さは倍増するかもしれませんが、得るものはそれ以上にあります。僕が言うんだから間違いはありません。

 

そして逃げてしまったときに失うものも、想像以上にたくさんあるのではないかと思うのです。
そしてそれを抱えて生きていくのは、とても悲しいです。

 

 

だからこそ悔いのない選択をしてほしいなって心から思います!
安易に妥協をせずにがんばってください!!

 

では!!