日本最北端の獣医師ブログ!
獣医師国家試験奮闘記

獣医師国家試験で最高の参考書!【北大まとめ】って何?

皆さんこんにちは!

最北端獣医師のノスケです!
僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本の最北端で牛の獣医師2年目をしております。

 

僕が獣医師国家試験を受験してから1年以上が経ちましたが、まだまだ記憶が新しいので、今のうちに獣医師国家試験の情報をお伝えしていこうと思います!

 

 

獣医師国家試験の基礎情報についてはこちらを参照してください!

獣医師国家試験ってどんな試験?皆さんこんにちは!最北端獣医師ノスケです! 私は日本の最北端である稚内市で牛の獣医をやっています。今年一年目の若造ですが、日々精進です...
獣医師国家試験に合格するために必要なもの、必要な時間とは⁉みなさんこんにちは!最北端獣医師ノスケです!僕は第71回の獣医師国家試験に合格し、現在は日本の最北端である稚内で牛の獣医をやっています。...
獣医師国家試験で勉強すべき科目とそうでない科目皆さんこんにちは!!最北端獣医師ノスケです! 僕は2020年に獣医師国家試験に合格し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっておりま...

 

 

さてさて、僕は以前に

“獣医師国家試験に合格するために必須の教科書・参考書5選”
という記事を書きました。

 

獣医師国家試験に合格するために必須の教科書・参考書5選!!皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケでございます。 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業して、現在は日本最北端の...

 

この記事では獣医学生に向けて、どんな教科書を買うべきなのかを、”国家試験の勉強に役立つかどうか”という視点でご紹介しました。

 

 

獣医師国家試験の勉強において、教科書はなくてはならない必須アイテムなのですが、教科書にあるすべての範囲が重要という訳でもないのです。

 

 

というのも、獣医師国家試験においてしばしば出題される範囲というのは決まっており、それ以外は出題されることは稀なのです。

 

 

つまり最初何も知らない状態で、教科書をメインの教材として勉強すると、どうしても頻出範囲外の分野も勉強することになってしまいます。

 

短期間で多くの科目を勉強する国家試験では、それは避けたいことです。

 

 

そこで多くの学生が用いるのが、「国家試験に頻出の範囲のみを厳選し、かつ分かりやすくまとめた参考書」である

”北大まとめ”

なのです。

今回はそんな北大まとめについて詳しくご紹介していくことにします!!

 

 

 

今回の記事の内容!

・最強まとめの”北大まとめ”とは?
・効果的な活用方法について!
・どうやって手に入れる?(入手法・値段など)

こういったことについて語っていこうと思います!

 

 

恐らく獣医師国家試験を受験する人の8割以上はこの北大まとめを使って勉強しています。僕の大学でも、持っていない人はほぼいませんでした。

 

 

正直これがなければ、僕は国家試験に合格できていたか分かりません(笑)
それくらい役に立ってくれました。

 

 

今回はそんな北大まとめについて熱く語っていくので、よろしくお願いします!!

 

ではいきましょう!!


 

 

 

獣医師国家試験最強アイテム!”北大まとめ”とは?

まずは北大まとめについて、軽く紹介していくことにします。

 

北大まとめは、その名前の通り北海道大学の獣医学科の学生によって作られており、上・中・下巻の3冊からなります。

 

 

莫大な範囲を勉強しなくてはならない獣医師国家試験の中で、特に頻出分野に特化して作成されているため、これさえしっかりやれば大丈夫という参考書になっています。

 

 

そして毎年細かなアップデートされており、大学単位で注文をします。

 

書店などには出回らないので、一斉注文の時期を逃してしまうと手に入らないので、あとはメルカリ等に出品されるのを待つしかないのです。

 

 

また最近ではCBTの勉強にも使う学生が増えてきており、国家試験のみならず多くの学生にとって必須の参考書になっています。

 

 

ではそんな北大まとめの素晴らしい点について紹介していこうと思います!

 

 

北大まとめのメリット!

 

①圧倒的に国試に特化してまとまっている!

さきほども少し触れたのですが、北大まとめは獣医師国家試験のために作られた参考書ですので、とにかくしっかりまとまっています。

 

ほとんどの人は勉強を開始する際に、獣医師国家試験での頻出分野なんて知らないと思います。

 

どこから始めたらいいのかも、何を暗記したら良いのかも最初は分かるわけもないですし、それを誰かに教えてもらう必要があります。

 

 

例えば、国試で超重要科目とされている

”生理学”と”病理学”と”薬理学”の3科目。教科書ならば、生理学と病理学なら500ページ以上あります(笑)

 

 

これを網羅するなんて無理ですし、教科書では不要な部分と必要な部分の線引きが難しいです。どこが頻出分野かなんてもちろん教科書には書いてありません。

 

 

でも北大まとめなら、生理学と病理学総論でそれぞれ60ページほどにまとまっており、病理学各論と薬理学も100ページくらいに収まっています。

 

 

 

生理学と病理学総論は、それぞれ10問以上出題されるのに、北大まとめでは60ページだけにまとまっているのです!

 

 

 

つまり必要なのはそこの部分だけで、あとは捨てても大丈夫ということです。
しかもまとめなので、あくまで分かりやすく説明が載っているため、僕みたいなポンコツでも1から理解できました。

 

 

また文字だけの無機質なまとめではなく、想像以上に挿絵や図がたくさん載っています。

 

 

特に文字だけでは理解が難しい科目(生理学や薬理学の作用機序、寄生虫の生活環など)は、図が豊富です。

 

 

「出る範囲をうまくまとめつつ、図でも一緒に解説してくれたらなあ」って贅沢な注文も北大まとめなら叶えてくれるんです(笑)

 

 

 

もし獣医師国家試験の勉強で、「何から始めていいか分からない!」とか、「頻出分野を無駄なく網羅したい!」と思っているのなら、迷わず北大まとめを活用することをお勧めします!

 

獣医師国家試験で、最初に勉強すべき科目とは!?【生理学】皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです! 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業して、現在は日本最北端の地で牛の獣医をや...
獣医師国家試験と病理学!!皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです! 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業して、現在は日本最北端の地で牛の...

 

獣医師国家試験と薬理学!【点取り科目??】皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医師をやって...

 

 

 

②豊富なゴロと見やすい一覧表がある!

国試勉強では、とにかく覚えることが沢山あります。

 

特に寄生虫や微生物学、伝染病学といった科目は、理屈抜きでひたすら頭に詰め込まなくてはならない場面が多々あります。

 

 

そんな時にも北大まとめは大いに役立ってくれます。

 

 

例えば、寄生虫学ならば、過去の先輩たちが遺していったユニークなゴロ集が巻末に載っており、一度見たら忘れないくらい強烈です(笑)

 

 

さらに面倒くさい寄生虫の中間宿主や生活環も、分かりやすく一覧表になっているので、わざわざ自分でまとめ直す必要がないのです。

 

優秀なゴロや一覧表が、廃れることなく後輩たちに惜しげもなく受け継がれていく。
それが積み重なっているのが、北大まとめなのです!

 

 

しかも表も、国試の問題を実際に解くときに役立つように作られているので、実践向きのモノとなっているのです。

 

 

出題される内容をピックアップして、かつ問題を解きやすいように作られているので、より効率の良い勉強をサポートしてくれるのです。

 

 

ただの単調な暗記科目も、巻末のゴロを組み合わせて覚えることで、楽しさが出てきて楽になります。

 

しかも頭に残りやすいので一石二鳥ですね!

 

 

国試勉強が進んでくると、そういったゴロや表が共通認識となり、不思議な一体感が生まれたりするのも醍醐味です(笑)

 

のすけ
のすけ
みんなでゴロを言い合ったりして、楽しく暗記科目を出来るような工夫も盛りだくさんなんだ!

 

 

③毎年アップデートがされており、安心して勉強できる

国家試験は、数年に一度問題作成者が変わったり、出題傾向が変更されたり、教科書の内容が変更になったりします。

 

 

そのため、定期的に多くのことが変わっています。
最新版の教科書と1つ前の教科書とでは、書いてある内容が180度違う!なんてこともあるくらいです。

 

 

そして北大まとめはそういったことにもしっかり対応してくれているのです!

 

実は北大まとめは毎年、有志達によってアップデートがされており、常に最新の情報もとに作成されています。

 

 

そのため、前年にはなかった内容が新たに追加されていたりして、受験生が混乱することが少なくなっています。

 

 

教科書だってそんなに頻繁にはアップデートされないですよね。
せいぜい数年に1回程度です。

 

 

だからこそ北大まとめは素晴らしいまとめなのです!
これだけ手間をかけて作られているので、安心して相棒として国試勉強に使うことが出来ます。

 

 

それにそのアップデートをしてくれているのが、天下の北大生なのだから安心ですよね!
まあ間違いないだろうと。

 

 

 

④クオリティの割に安価で手に入る!

のすけ
のすけ
そんなに素晴らしい参考書なら、お高いんでしょう~?

北大まとめはこれだけの手が掛かって、かつ高いクオリティを保っていながら、とても安価に手に入れることが出来ます。

 

上・中・下巻の3冊を合わせて、”3000円”です!

 

のすけ
のすけ
驚きだよね!最初は1冊3000円かと思ったんだけど(それでも安い)、やっぱり3冊で3000円だったんだ!これは買わない手はないよね!

 

 

そうなんです。
北大まとめの凄いところは、その安さにもあります。

 

普通教科書を買おうと思ったら、数千円~数万円はします。
しかもそれは1科目でその値段なので、主要科目だけでも買おうと思ったら、10万円くらいは軽く行っちゃいます。

 

 

僕が北大まとめの出版を行っている印刷会社の人と話をしたときに、「ぶっちゃけ北大まとめでは儲けはほとんど出ない(笑)」と言っていました。

 

 

それくらいギリギリの値段でやっているということです。

 

本当に獣医学生の国家試験勉強のために作られているので、買わなきゃ損ですよ!!

 

 

ちなみにここだけの話、メルカリでは1冊3000円以上で売れているときもあり、国試が終わって不要な人は売ってしまうと儲けが出てしまうのです(笑)

 

CBT前になり、6年生以外でほしい人もたくさんいるので、そういった現象が起きてしまうのですが、やはり北大まとめはコスパ最強すぎです!

 

逆に他の大学が出しているまとめは1万円以上するものが多く、内容も北大まとめのほうがよりまとまっています。

 

 

不安になって色々買う人が出てきてしまうのですが、北大まとめさえ買ってお毛羽、経済的にも勉強面でも完璧です!!

 

 

北大まとめの活用方法!

ここまで、北大まとめの素晴らしい点についてご紹介してきました。

いかにexcellentな参考書であり、それが安価で手に入るかが分かってもらえたと思います。

 

 

では、実際に北大まとめはどのように活用していくのが良いのでしょうか。

確かに北大まとめは素晴らしい参考書ですが、他の教材と組み合わせることにより、さらに大きな効果を得ることが出来ます。

 

 

 

ポイントとしては、

①北大まとめを使って大枠をまずは理解し、必須分野を網羅する

②すぐに過去問を解いてみる(日獣の分野別問題集がおススメ!)

③分からないことや、北大まとめで省略されている部分を教科書を使って深める

④暗記がメインの科目は、表やゴロを活用して直前期に脳にぶち込む

 

などです。このサイクルが最強なのではないかと経験を通して感じています。

 

 

まず北大まとめは、国家試験で必須の分野を抽出しているので、大枠を把握するのにはうってつけです。

要する時間もそこまで掛かりません。

 

 

 

その後はすぐに過去問を解いて、どのように出題されるのか、覚えるべきポイントはどこなのかを把握します。

 

いつまでも北大まとめを見ていてもなかなか解けるようにはなりません。
国試はそう簡単には行かないのが特徴です。

 

 

その時に、1年分の過去問を解くのも良いのですが、日獣で編集されている分野別問題集(時期が来れば出回る)を使って、分野別に攻めていくほうが効率的です。

 

 

 

そして解き終わって、分からない問題や、北大まとめでは省略されている部分を、教科書を使って深めていきます。

 

 

北大まとめはまとめなので、やはり説明が不十分な部分も出てきます。その時に辞書替わりとして教科書を使うことで、より教科書を効果的に活用できます。

 

 

そして最後に、力技で覚えるしかない部分もたくさん出てくるので、そこでまた北大まとめの表やゴロを活用することで、ストレス少なく暗記が出来ます!

 

 

まったく教科書が不要!とか、北大まとめをひたすら何周もする!

 

というのは、さすがに無理があるので、メインを北大まとめにして、教科書を辞書替わりにすることで、最短で得点を上げていくことができます。


 

 

 

どうやって手に入れる?

のすけ
のすけ
そんな素晴らしい北大まとめなんだけど、手に入れることが出来る時期が決まっているんだ!だからその時期を逃さないことが重要だね!

 

 

先ほども述べた通り、北大まとめは書店に出回るわけでもなく、大学で配られるわけでもありません。

 

 

ある時期に希望者を募り、それを大学ごとに集計し、そして印刷して販売という極めて限定的な方法で配布しています。

 

 

なので「また後で手に入るでしょ!」とか、「とりあえず様子見して、必要そうなら買えばいいや」って思っていると、手に入りません(笑)

 

 

たま~にメルカリとかに出品されていることはありますが、数年前のモノだったり、値段が数倍になっていることも多く、お勧めは出来ません。

 

 

ですので、購入できるときに確実に手に入れておきましょう!

 

 

3冊でたったの3000円です。
仮に全く使わなかったとしても(そんなことはあり得ませんが)、大した損失にはならないのですから、迷ったら購入!です。

 

 

特に生理学・病理学・公衆衛生学・寄生虫学などは、重宝することになりますので!

 

 

まとめ!

いかがでしたでしょうか。

たった1つの参考書にここまで熱く語れることがあるとは僕もびっくりです(笑)

 

でもそれくらい有用な参考書であるということの裏付けでもあります。僕は国試勉強の半分以上はこの北大まとめを利用していました。

 

あとは過去問演習が3割、教科書が2割という感じです。
コスパ最強過ぎません?(笑)

 

今回の記事をまとめると、

・北大まとめは国試勉強に必須!
・頻出分野を確実に網羅し、余計な部分を省いてくれている
・図やゴロも豊富で、暗記科目もばっちり対策!
・アップデートも毎年されており、安心して勉強できる
・安価に手に入るため、買っておくべき!
・手に入る時期は限定されている
・教科書や過去問演習との組み合わせで最大の効果!

といったところでしょうか。

 

他にもたくさん魅力があるのですが、そうするとキリがないのでこの辺で(笑)

 

獣医学生の大半がお世話になっているこの北大まとめをぜひ手に入れて、国試勉強を無事乗り切って、立派な獣医師としての一歩を踏み出してくださいね!!

 

まっています!!

 

では!