日本最北端の獣医師ブログ!
獣医学科の受験情報

田舎から獣医学科を目指す君たちへ

皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!

僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端で牛の獣医師をやっています!

 

いつも獣医学科志望の皆さんに向けて、獣医学科の情報を発信しているのですが、今回は僕が特別に思い入れのある内容になっています。

 

 

それはタイトルにもある通り、田舎から獣医学科を目指す人たちに向けてのメッセージです。

 

 

僕自身、田舎のいわゆる自称進学校(笑)に通っており、獣医学科受験の時はとても苦労しました。ライバルは関東や関西の有名私立の学校(ほとんど中高一貫)の生徒であったため、正直かなり分が悪い戦いだったのかなって思います。

 

 

ちなみに僕はそんな田舎の高校でも中の下の成績で、正直優秀ではありませんでした(笑)
そんな僕でも一浪の末、何とか合格できました。

 

 

今回はそんな僕から、同じように田舎から獣医学科を目指す人たちへ、こんな困難があったけど、挫けるな!っていうメッセージを伝えたいと思います!!

 

 

のすけ
のすけ
大丈夫!どこに住んでいようが情熱さえあれば、獣医にはなれる!!自頭とか関係ない!
行ってみよー!!

 

 

地方から獣医学科を目指す人たちへ

 

ライバルはかなり手ごわいぞ!!

 

いいかい?

君たちがこれから獣医学科の合格を争うのは、中高一貫の私立高校の学生がほとんどだ。いっておくが彼らは、初めての受験が幼稚園の年長さんだったり、小学校6年生なんだ。

 

 

君たちのほとんどみたいに、中3の高校受験が最初の受験ってわけじゃない。実はこの差はかなり大きいんだ。
受験というモノに早いうちから慣れているから、大学受験に対しても早め早めに取り組むんだ。

 

学校だってそのようにカリキュラムが組まれている。

 

 

それに親御さんの意識も全然違う。お金の掛け方も段違い。塾に通うのは当たり前。しかも皆有名な予備校に通ったりして、多くの有益な情報を手にしている。

 

 

今の時代、どこに住んでいても質の高い授業を受けることは出来るかもしれない。

 

 

でも合格者の声や、多くの受験体験記はやはり都会にいかないと得られない。田舎だとそもそも獣医学科を受ける人自体少ないからだ。

 

 

麻布大学に入ったとき、都道府県別の受験者数と合格者数を見たんだ。なんと東北地方と北海道を合わせても、合格者は10人にも満たなかった。

 

 

それは九州や中部も似たようなものだったんだ。そして合格者のほとんどが関東と関西の人たちだった。

 

 

それくらい地域差が出てるんだ。それは別に関東の大学だけじゃない。全国の私立と国公立全部で、合格者の大半は都会の中高一貫校出身なんだ。

 

 

だから君たちのライバルになるのは、そういう人たちなんだって、まずは理解してほしい。受験に対する心構えが違うし、周りの環境だって違う。

 

それが分かってるのと分かってないのでは、受験に対する心構えも違ってくる!

 

 

 

担任の先生が止めても、絶対に諦めんな!!

 

俺が獣医学科を志望した時、最初は本当に全くといっていいほど、合格圏外だったんだ。てか現役生の時は最後までE判定だった。

 

俺はもちろん何年かかっても挑戦しようって思っていたんだけど、高校の先生はやっぱりそうは思ってくれていなかった。

 

 

「別に獣医学科じゃなくても、農学部の他の4年制学科で良いんじゃないの?」って、遠回しにお前にゃ無理だって言われちゃった(笑)

 

最初はなにくそって思ってたんだけど、浪人中もなかなか成績が上がらないときは、本当にそうしようかって思うときもあったんだ。

 

今の段階で行けるところで良いかなって。

 

 

でもおそらくこの獣医学科への挑戦は、皆にとってこれまでの人生の中で一番の挑戦だよね?それがもし叶ったとしたら、どう思う?

 

 

おそらくその後の人生において、かなり自信になると思うんだ。実際俺もそうだったし、在学中も、そして社会人として働いている今も、あの時の頑張りが俺を支えてくれてるんだ。

 

 

学校の先生は、やっぱりこれまでの傾向とかで物事を話すし、やっぱり学校としての進学率を気にする。
浪人生を出すくらいなら、地方の国公立大学に行ってほしいんだ。

 

 

別にそれが良いとか悪いとかはないけど、学校の先生はその後のことなんて責任を持ってくれない。多分それで諦めちゃったら、一生後悔すると思う。

 

 

最悪、ずっと学校の先生のせいにして頑張らなくなるかもしれない。

 

 

それくらい受験って一生を左右するかもしれないんだ。

 

 

僕の獣医学科の友達に、三者面談で先生に「絶対無理だから、やめなさい。諦めなさい」って言われた女の子、目指すといったときに周りから爆笑されたやつ、そんな人がいっぱいいる。

 

みんな最初はそうだったんだ。でも諦めなかったから、こうやって今は立派な獣医師として働いている。

 

 

確かに他の人より大学生になるのが1年や2年遅くなるかもしれない。でもそれでその後の人生が輝くんなら、挑戦すべきなんだ。
俺も浪人中は、一生受からないような錯覚にとらわれたし、毎日不安でつぶされそうになった。

 

 

でもやっぱり目標に向かって頑張っていれば、いずれは叶うんだ。獣医師になることって思っている以上に手が届く夢だよ。

 

 

だから他人になんと言われても、諦めんな!!

 

 

 

獣医学科合格に必要なことだけを視野に入れて、勉強するんだ!

 

地方の高校って、なぜか国公立を神格化して私立を敵視してない?(笑)

そんで受験科目を絞ることを許してくれないよね?どの大学を受けるにしても、どの分野に行くにしても、なぜか不要な科目も勉強させられるよね?

 

 

俺の学校だけかな?(笑)おそらく結構あると思うんだよね。

 

これは絶対やめよう!学校の先生は、可能性を狭めるな!って言って、不要なことまでやらせようとするけど、君の目標は獣医学科だけだろ。

 

 

だから獣医学科合格だけを考えていればいいんだ。例えばほとんどの大学で数Ⅲは不要だよね?私立専願なら、数学と生物と英語だけで良いよね?

 

 

だったらそれだけやっていればいいんだ。学校の先生の言うことは気にしなくていい。だって獣医になるためには必要ないんだから。

 

 

俺が高校生の時も、学校の先生は使わない数Ⅲや、化学Ⅱをやるように言ってきた。その時はあまり考えずにやってしまった。結局現役では落ちたんだけどね(笑)

浪人中は、本当に必要な科目だけを集中して取り組めたから、何倍ものスピードで成長できたんだ。

 

 

そして君たちのライバルとなる都会の人たちは、そんな無駄なことしてないよ。本当に獣医学科合格に向けて最短で進んでいる。

 

 

特に現役で受かろうと思うなら、必要なこと以外やってる暇なんて無い。僕が出会った現役合格した奴らは、その辺は本当にすごい。

 

 

大学の試験勉強でも無駄なことはしない。恐ろしいくらい的確な努力をしている。だからその人たちに勝つためには、自分もそうなるしかないんだ!

 

 

獣医になることだけを考えろ!ブレちゃだめだ!

 

受験勉強が進んでくると、ふとした時にいろんなことを考えるんだよね。獣医学科は入りやすい大学なんて無いから、どんなに勉強しても不安に襲われる。

 

 

そうすると、受験科目が似ている他の学部学科に目が行く。俺の場合それが薬学部や、生物系の教育学部だったんだんだよね。

 

確かにそれはそれで難関だし、世間的には十分受験は上手くいったって思ってもらえるだろう。でもそれは最初から目指している場合なら良いんだ。

 

 

それが獣医という目標からブレて目指そうとしているならば、絶対にやめるべきだと思う。だって最初の夢から逃げていることになるんだから。

 

 

いっておくけど、受験科目が似てても、同じ理系だったとしても、将来の姿は全然違うものだからね。仕事の中身は全然違う。

 

 

もしそれが思っていたのと違っていたらどうする?
「あの時、やっぱり獣医一本で行けばよかった…。」って思ってしまったら、もうどうしようもない。

 

 

でも自分がずっと目指していたものを達成して、それで見た景色は全く違うと思う。僕は医学部志望の人が獣医学科も併願することもおかしいと思う。

 

 

偏差値とか、受験科目で受験を決めないでほしい。自分の目標を達成するまではぶれない心を身に着けてほしい。

 

 

僕が当時ブレそうになった時、母がに怒られた。「最初の決意を曲げるな」って。そのことに今となってはとっても感謝してる。

 

 

だからもし学校の先生や、塾の先生、たとえ親に言われたとしたって、君が決めたことを変える理由にはならない。

 

 

そしてそれに対して人より苦労したって絶対後悔はしないよ。俺が保証する。
大変かもしれないけど、多くの人がそれが出来ずに志望校をコロコロ変えてしまう。

 

 

それをしないだけ君はすでに強い!

 

 

親に感謝しよう!

 

実は地方から獣医学科を受け、時には浪人し、大学の学費まで払える親御さんが世の中にはそんなにいないんだ。

 

 

俺も大学を卒業してから、自分に掛かった費用について計算してみたんだけど、そしたら恐ろしい金額だったんだ(笑)
大学6年間だけで2000万円をこえていた。

 

 

獣医学科はただでさえ6年間あるし、受験生の半分以上は浪人生だ。つまり人一倍お金がかかるってことでもある。

 

それを応援してくれてサポートしてもらえることがどんなにレアなことか。それに少しでも気づけたなら君はさらに獣医学科合格へ近づくと思う。

 

 

 

そしてそれを理解できたなら、なおさら中途半端なことは出来なくなる。夢を叶えることに集中する。
それがさらに成功へのロードになる!

 

 

もし君が受験に関して不自由なく勉強出来ているならば、それは感謝しなくてはならない。そしてそれに報いるためにも、頑張るしかないんだ!

 

 

 

最後に

 

地方から獣医学科を目指す人のほとんどが諦めてしまうのは、やっぱり獣医学科についてよく知らないから、そして周りもよく知らないからだと思う。

 

そして仲間も少ない。よくわかんないから辞めようってなる。
実際僕の周りでもそうだった。皆すぐに諦めていったよ。

 

 

でもだからこそ、自分で何とかすることが大切なんだ。どこにいたって模試は受けれるし、映像授業で質の高い授業を受けられる。

 

それだけでも今はとても恵まれているように思う。それだけでも十分すぎる。

 

 

でもやっぱり実感として、ライバルがどれだけ賢い人達で、教育レベルが高いのかは分からない。実際には会わないから。

 

 

でもやっぱり君たちのライバルはそういう中高一貫の学校のエリートたちだ。彼らに勝つには情熱しかない!

誰に止められても諦めずに挑戦するハートが必要だ。ぶっちゃけそれがないから皆諦めてくんだ。

 

 

確かに人より時間はかかるかもしれないけど、獣医学科での出会いは君の人生を大きく変えてくれる。頑張って良かったって心から思えるよ。

 

 

そんでこれからの困難もきっと乗り越えられる。地方にいたらとりあえず行けるところって発想になりがちだけど、そこに抗って絶対に行きたいところって思えたなら、きっともう同じ土俵だ。

 

 

それさえあればどこにいようが獣医学科には受かる!絶対に受かる!大丈夫!

 

頑張ってくれ!

 

そして同じように地方から獣医学科を受けようとしている後輩たちにノウハウを伝えてあげてほしい!

俺みたいなおじさんではなく、君たち若者が伝えていってほしい!

 

 

じゃあ!