日本最北端の獣医師ブログ!
獣医師国家試験奮闘記

画像問題の相棒!麻布大学カラーアトラスって?【獣医師国家試験】

皆さんこんにちは!

最北端獣医師のノスケです。
僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医師をやっています。

 

仕事も2年目に突入し、もはや大学生だった頃を忘れつつあります。
あんなに遊んで好き放題やっていたのも遠い昔・・・(笑)

 

なので僕の記憶が持つ限り、獣医学科での僕の経験を余すところなくお伝えしていこうと思い、このブログを続けております。

 

 

さてさて季節はも8月も半ばとなり、獣医学科6年生の諸君は卒論や国試について徐々に真剣に考えだす時期ですね。

 

就職も決まる人が増え、授業もないので遊びまくる人が多いでしょうが、それでも頭の片隅には”国試”がちらついていることでしょう。

 

国試のことは考えたくないよー!!!
でも何かをやった感を出したい!って人は、まずはこの記事を読んで獣医師国家試験への第一歩を歩んでみてください(笑)

獣医師国家試験とはどんな試験?獣医師がお教えします!皆さんこんにちは! 最北端獣医師のノスケです。 僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医師をや...
獣医師国家試験に合格するために必要なもの、必要な時間とは⁉みなさんこんにちは!最北端獣医師ノスケです!僕は第71回の獣医師国家試験に合格し、現在は日本の最北端である稚内で牛の獣医をやっています。...

 

そしてこの獣医師国家試験で、多くの獣医学生を悩ませるのが、画像問題です。

 

一問一答形式のAB問題と違い、画像と問題文の両方から答えを出さなければならず、難易度も高いため、対策が難しいのです。

 

そして、それに特化した参考書もほぼ無いのが現状です。
教科書や授業プリントの山から探すことも可能ですが、やはり時間が掛かってしまいます。

 

 

そんなときに、”国試で重要な画像が1冊にまとまっていたらいいのに…”と思うことでしょう。

 

今回はそんな要望を満たしてくれる参考書についてご紹介してみようと思います。

 

それは”麻布大学カラーアトラス”です。
僕の母校の学生によって作られた素晴らしいテキストについての記事になります。

 

それではいきましょう!!


 

麻布大学のカラーアトラスとは?

そもそも麻布大学カラーアトラスとは何なのでしょうか。

そこから説明していくことにします。

 

これは、麻布大学の学生が編集・監督して作成した、獣医師国家試験用の参考書になります。

毎年アップデートが行われ出版されており、獣医師国家試験に頻出の画像がたくさん掲載されています。この参考書は主に画像問題対策に用いられます。

 

 

獣医師国家試験の参考書はたくさんありますが、画像問題の対策本はじつはそう多くはありません。

基本的には教科書を探すか、まとめや授業プリントを漁るしかないのですが、やはりそれでは時間もかかりますし、国試対策に特化しているかと言うとそうではありません。

 

 

その中で、獣医師国家試験の画像問題対策のためだけに作られた参考書ということで、この麻布大学カラーアトラスはとても有益な1冊となっています。

 

 

では具体的にどのような点が優れているのか説明していくことにします。

 

 

①国試の画像問題対策をこれ1冊でほぼ網羅できる!

僕は基本的に北大まとめをメインで勉強していましたが、北大まとめは文章メインなテキストなので、どうしても視覚的な印象が弱くなりがちです。

 

文章で「○○という疾病ないしは現象には、△△という特徴所見がある。」

と言われても、いまいちピンとこないと思います。
北大まとめの唯一の弱点かもしれません。

 

 

そしてそのたびに教科書や参考書を調べたり、ググったりするのは労力が掛かりますし、そもそもそんなに教科書を揃えている人は少ないと思います。

 

 

そんなときに万能の辞書的な役割を果たしてくれるのが、この麻布大学カラーアトラスなのです。

 

「これっていい感じの画像ないのかなあ。でも教科書もってないしなあ。ググっても出てこないし…」

 

 

こんな時、知りたいor見たい画像はだいたい麻布大学カラーアトラスに載っています。
厚さは大してないのに、本当に知りたい画像がしっかり載っているんですよ。

 

何冊も参考書を用意して、それを行ったり来たりするのは、結構なストレスになります。

 

 

でも画像問題はこの1冊で良いと言い切れるくらいに、麻布大学カラーアトラスは優秀なテキストだと僕は思います。

 

 

②本当に必要な部分のみを抽出してくれている

国家試験はご存知の通り、これまで習った範囲のすべてが試験範囲になります。

教科書で言ったら何十冊にもなりますし、ただ闇雲に勉強していたのでは何年かかっても終わらないでしょう。

 

だからこそ国試に特化したまとめなり参考書が必須となるのですが、意外と獣医師国家試験の対策本はたくさん出回っており、受験生はつい買いすぎてしまいます。

 

その中で僕自身の経験として本当に必要だと思った参考書は、”北大まとめ”と”麻布大学カラーアトラス”の2冊です。

 

他の大学の参考書が役に立たないという訳ではないのですが、網羅し過ぎようとするあまりに内容が増えすぎて分厚くなり、受験生から敬遠されがちなのです。

 

その点北大まとめや麻布大学カラーアトラスは、落としどころをしっかり把握して作られているので、本当に頻出分野のみを勉強できます。

 

 

決して内容が不十分ということではなく、合格ラインをしっかり超えられてかつ、短い対策期間でも網羅できる量ということです。

 

 

ここに載っている画像さえ知っていれば、国試は絶対に大丈夫。

あれもこれもと考える必要がなく、シンプルに考えて勉強できるのがこのカラーアトラスの良いところなんです。

 

確かに1冊10000円越えで、少々高く感じるかもしれませんが、それでもこれ1冊さえあれば画像問題は大丈夫と考えれば、かなりお得です!

 

 

③頻出のレントゲンやエコー画像も掲載されている

受験生のほとんどが苦手とするのが、レントゲンやエコー画像ではないでしょうか。

小動物の臨床系の研究室にいて、毎日のように画像を見ていない限りは、画像の見方さえ分からないと思います。

 

 

実際僕もそうでしたし、過去問の画像を見ても全く意味が分かりませんでした。かといって過去問の解説はそこまで充実していないので、なんだか身になっているような気がしない…

 

そんな時にもカラーアトラスはとても役に立ちます。

 

 

この参考書には、レントゲンやエコー画像で特に頻出の所見がしっかり掲載されており、しかも見るべきポイントもしっかり解説してくれているので、わざわざ画像読影のテキストを買わずとも学べます。

 

胸部レントゲンや腹部レントゲン、CTや頭部MRI、心臓のエコー画像もカバーしており、本当に穴がない参考書であることに感動したのを覚えています。

 

④高画質で見やすい画像ばかり。一目瞭然で分かりやすい。

そしてこれが地味に嬉しいことなのですが、とにかく画像がキレイで見やすいのです。

 

授業プリントではどうしても不鮮明だったり、ネット上の画像も良くわかりづらい。しかも正しいのかさえ怪しい。

 

でも麻布大学カラーアトラスなら、とにかく高画質で分かりやすい画像ばかり揃っているので、そういった不満を持つことがありません。

 

 

僕が嬉しかったのが、公衆衛生学で登場する特殊培地の画像です。

 

国試で良く問われる部分でもあるのですが、菌を特異的に培養する際に使われる培地の写真と、菌の生え方などが詳しくそして高画質で掲載されています。

 

実はこういった培地の画像が網羅されているテキストはあまりなく、出回っているまとめでも不十分なことがほとんどです。

 

ネット上にもあまりありません。

 

それが一覧で載っており、文字情報と画像情報が一気に手に入るので、記憶に定着しやすいんです。

僕が麻布大学カラーアトラスを使用して感じたメリットのトップ3に確実に入るのが、この培地の画像ですね。

 

 

入手方法は?おススメの買い方は?

そんな麻布大学カラーアトラスですが、この参考書も北大まとめと同様に、いつでも手に入るわけではありません。

 

大学ごとに購入希望を募り、一定の時期にまとめて購入します。
なのでチャンスを逃してしまうと、手に入らないことになります。

 

メルカリ等にも出品されていることはあるようですが、確実性に欠けること、ぼったくられてしまうこと、前年度のものしか手に入らない等の弊害があるので、購入時期を逃さないようにしましょう。

 

とはいえ1冊12000円くらいすること、画像問題のテキストなので常に使うわけではないなどの要因があり、買うのをためらってしまう人もいるでしょう。

 

 

なのでそういう人は友達とシェアして買うこともお勧めです。
これをメインで勉強するというよりは、調べたい時に使うことが多いので、1人1冊じゃなくても事足ります。

 

ですので、シェアして使いたいときに使うスタイルでもいいかもしれません。

 

最後に

このテキストは、画像問題の最大のお供になってくれることは僕が保証します。

 

毎年全大学の6~7割の学生が購入するくらいには評判が高い参考書です。実績は十分にあります。

 

勉強してみれば分かりますが、画像問題用のテキストがあるだけで、内容の理解度や暗記度はかなり上昇します。

 

獣医学の内容はググっても出てこないことが多いので、良い感じの画像を手に入れるのは難しいのです。
教科書やプリントを漁るのも大変です。

 

でも麻布大学カラーアトラスさえあればそういう煩わしさから解放され、必要な画像に素早くアクセスできます。

 

僕もこれのおかげで随分理解や暗記がはかどりました。

 

これ1冊と北大まとめさえあれば、参考書はもういらないでしょう。
ぜひ購入を考えてみてください!

では!!