日本最北端の獣医師ブログ!
獣医学科の受験情報

【2021年度】岡山理科大学獣医学科の受験難易度とは!【日程・倍率など】

皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっています!

 

そんな僕も6年前は皆さんと同じ獣医学科をめざす受験生でした。当時と比べて獣医大学が増えたり、センター試験の廃止や受験科目の変更があり、獣医学科受験も変わってきています。

 

 

しかし受験生に問われる資質や、どうすれば合格できるのかは不思議なくらい変わっていません。
ですので当時の僕の経験や知識はそのまま役に立つのです。なので皆さんにこうしてシェアしています!

 

 

これまでも、そしてこれからも赤裸々に語っていくのでぜひ参考にしてみてくださいね!!

 

 

そして今回は岡山理科大学の獣医学科についてご紹介していきます!
数年前に設立されたばかりでまだ謎めいていることが多いのが現状です。

 

 

 

しかし岡山理科大学は学生数を確保するために、他の大学に比べて受験チャンスも多く、今はある意味バブルなのではないかと思います。

 

 

ですのでしっかり受験日程を把握し、他の大学との兼ね合いを考えつつ、しっかりした受験計画を練りましょう!!

 

ちなみに他の大学の情報についてはこちら!

 

ちなみに他の大学の情報はこちら!!

【2021年度】日本大学獣医学科の受験難易度とは!【倍率・最低点とは?】皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっています。 ...
【2021年度】酪農学園大学獣医学科の受験難易度とは!【倍率・最低点】皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっています。 ...
【2021年度】日本獣医生命科学大学の受験難易度とは!(倍率・最低点)みなさんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっています!...
【2021年度】北里大学獣医学科の受験難易度とは!(倍率、合格者最低点)皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっています。 ...
【2021年】麻布大学獣医学科の受験難易度とは!(科目・倍率など)皆さんこんにちは!最北端獣医師のノスケです!僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっています。 ...

 

※ちなみに岡山理科大学は、毎年のように入試区分や名称、そして入試の科目などが大きく変化しています。

そのため昨年のデータがない時があります。
そこをご了承いただいた上で読んでください!

 


岡山理科大学の受験日程について

 

①一般入試 前期A日程

岡山理科大学の一般入試の前期日程では、数英理の3教科で300点満点の”スタンダード3科目型”と、数学の得点が200点となり400点満点で判定する”指定科目重視型”の2種類が存在します。

 

 

基本的にはスタンダード3科目型の出願することになり、希望者のみ10,000円の追加受験料を払うことで、指定科目重視型も受験できます。

 

 

また試験日は1/31と2/1の2種類が存在し、受験料さえ払えば両日受験することも可能です。その際には割引があるようです。

 

 

日程

1/31、2/1
(※一方の日を受験するだけでなく、2日連続で
受験することも可能)

 

科目

スタンダード3科目型

数学 ⅠA・ⅡB(Bはベクトル・数列のみ)
100点
英語
100点
理科 物・物基or生・生基or化・化基     
100点


300点満点

指定科目重視型

数学 ⅠA・ⅡB(Bはベクトル・数列のみ)
200点
英語
100点
理科 物・物基or生・生基or化・化基     
100点


400点満点

合格者数/受験者数(2021年) 

スタンダード3科目型
102/816 倍率8.0倍

指定科目重視型
46/405 倍率8.8倍

岡山理科大学の一般試験は、設立以来変化し続けており、昨年のデータがアテにならないことがあります。

 

やはり新しくできた大学だけあって、他の大学にはない試みをたくさん行っていますね。1つの科目の配点を変えるのは、他の大学にはありませんでしたから。

 

そして気になる倍率ですが、昨年はスタンダード3科目型で8倍で、指定科目重視型は8.8倍となりました。

 

実はこれかなり高い倍率であると言えます。

 

 

というのも、昨年の2020年度入試では、私立の獣医学科の倍率が軒並み下がり、一般試験の倍率は5倍前後となる大学がほとんどでした。(酪農学園大学は1.8倍)

 

そのなかで8倍を超えるというのは、高い倍率であると言えるでしょう。

 

 

その背景として、受験方式の多様性やチャンスの多さもあるでしょうし、2日連続で受験した人の存在もあるでしょう。

 

とにかく、岡山理科大学=ねらい目という図式はもはや成り立たなくなっているのかもしれません。

 

また、指定科目重視型ですが、数学が得意な人にとってはかなりチャンスであると言えるでしょう。獣医学科の受験生は数学が苦手な傾向にあるので。

 

 

とはいえ倍率だけ見ると、ねらい目であるとは必ずしも言い切れないのですが、10000円の追加の受験料のみで出願できるので、トライする価値はありそうです。

 

 

 

そして受験日程ですが、他の大学の一般試験と実は被っています。
2回目の試験が行われる2/1ですが、この日は日大の一般入試N方式と北里大学の一般試験前期日程が行われます。

 

 

 

日大に関しては、このN方式は14.7倍(2020年度)と高倍率なので、受験する必要はあまり感じませんが、北里大学の一般試験に関しては、考慮する必要がありそうです。

 

 

あえて2日連続で岡山理科大学を受験するべきか、それとも他の大学を受験するべきなのか、選択をしなくてはなりません。

 

・岡山理科大の一般試験は連日で受けられる
・数学が得意なら有利な方式が存在する。

・倍率は年々上がってきている(他大学よりも高い水準)
・ただし他の大学と日程が被るので、そこは考えること!

 

 

②一般入試 B日程

このB日程も、スタンダード3科目型と指定科目重視型の2種類の方式が存在します。

受験料の割引等のシステムも同じなようで、すこし早めの一般試験中期といった立ち位置でしょうか。

 

日程  2/6

 

科目

スタンダード3科目型

数学 ⅠA・ⅡB(Bはベクトル・数列のみ)
100点
英語
100点
理科 物・物基or生・生基or化・化基     
100点


300点満点

指定科目重視型

数学 ⅠA・ⅡB(Bはベクトル・数列のみ)
200点
英語
100点
理科 物・物基or生・生基or化・化基     
100点


400点満点

 

2021年度から新たに始まるため、昨年のデータなし。

この日程に関しては、2021年度入試から新たに始まるようで、昨年までのデータがないです。

 

 

とはいえこの日程は、前年度までの一般試験C日程の位置づけに近いと思われます。
参考までにC日程の前年度の受験結果を載せておくと、

一般試験C日程(2021年 2/27)

合格者数/受験者数(2021年)
26
/190 倍率7.3倍

こんな感じでした。
なので、2021年度のB日程も似たような状況になるのではないかと予想できます。

 

ですがこの一般入試B日程もまた他の大学の入試と被っているのです。

 

 

それは日本獣医生命科学大学の一般入試第2回(共通テスト併用方式)です。
日獣のこちらの試験は、

・数学と英語で共通テストの結果を利用するため、独自試験が理科だけで済む
・日獣の試験の中で1番倍率が低い(=ねらい目である)

といった特徴があり、実は日獣を狙う人にとっては一番重要と言える試験なのです。

 

つまりここでも大きな選択を迫られることになり、受験生の人は迷いどころですね。
ですが、日獣の試験は共通テスト受験が必須のため、対策範囲が広がるという点で少し大変さが増すでしょうか。

 

・2021年度入試からB日程が始まる。
・倍率は昨年の似た試験方式を参考にすると7倍程度?
・この日は日獣の一般入試と被るため、選択が迫られる。

 

 

③一般試験 後期

 

日程  3/7

 

科目
英語  共通テストの筆記の結果を使用
200点


数学  ⅠA・ⅡB(大学独自試験、Bはベクトル・数列のみ)
100点

理科  物・物基or生・生基or化・化基(大学独自試験)
100点


400点満点

合格者数/受験者数(2021年) 

10/57  倍率5.7倍

※獣医学科の合格者ではなく、獣医学部全体の合格者数です

 

 

この試験日程が一般試験後期という位置づけになるでしょう。

公表されている倍率が獣医学部保健学科も含めたものとなっているため、正確な倍率は分かりませんが、そこまで高くはならないでしょう。

 

 

ほかの大学の後期試験に比べたら、全然戦える倍率だと思います。

 

だって他の大学の後期試験の倍率なんて20~30倍にのぼることもザラですし、だったらこっちを受けたほうが全然いいです

 

 

また英語に関しては共通テストの点数を使うため、共通テストの結果が良かった人にとっては追い風になるでしょう!

しかも配点は他の科目の2倍あります。

 

 

もし共通テストの英語が満点近く取れていたなら、合格はかなり見えてきます。

 

 

また大学独自試験についてですが、数学と理科の2科目課され、それを100分で解きます。つまり時間配分については受験生に任せるというスタイルです。

 

 

苦手科目に時間を割くもよし、得意科目での高得点を狙うもよし。
これはしっかり過去問を解いて作戦を練る必要がありそうです。

 

こんな風にチャンスが増えているのは、獣医学科を目指す人たちにとってはかなり嬉しいですよね!!

 

フツーに羨ましい・・(笑)

 

・他の大学の後期試験に比べると合格しやすいかも
・ただし合格者数はあくまで獣医学部全体
・大学独自試験の試験時間は、数学と理科で100分。

・英語の配点が高いため、共通テストで高得点だった人はチャンス!

 

④共通テスト利用方式 Ⅰ~Ⅲ

科目

必須科目 
英語
200点(リーディング150点 リスニング50点)
数学ⅠA
200点
数学ⅡB
200点

 

選択科目理科から1科目

理科 物理        200点
   生物        200点
   科学        200点  ※理科は基礎は選択不可

計                           
800点満点

 

 

合格者数/受験者数(2021年)
Ⅰ:39/276 倍率7.1倍
Ⅱ:30/76 倍率2.5倍
Ⅲ:6/29 倍率4.8倍(Ⅲは獣医学部全体として)

※合格者最低点数は非公表(下で予想を述べてます)

共通テスト利用方式だけで3つもあるとは驚きです(笑)

 

それぞれに受験科目での違いはないようです。
その中で英語はリスニングの比率が高くなっており、これも他の大学にはない傾向です。

 

倍率に関しては特筆して高いという訳でもなく、これは通常通りの倍率かなって印象です。

 

 

Ⅱの倍率が低くなっているのは、出願が私立の獣医学科の合格発表が軒並み終わったあとになるからだと思われます。

 

そもそも共通テスト利用方式は、合格ラインが高いので、他で受からなければこの日程でも合格は厳しいです。

 

だから倍率が低いから合格者最低点も低いとは限りません。
なので、あまり倍率を見ても意味ないのかもしれません。

 

そしてその合格者最低点ですが、公表はされていないようでした。
ここが一番知りたいところなのに…

 

とはいえ予想することは出来ます。

 

 

昨年の麻布大学の合格者最低点が83%ちょっとで、酪農学園大学・北里大学の合格者最低点が80%程度なので、その中間くらいなのではと考えられます。

 

麻布大学より高くなるとは思えないので、

 

80~82%くらいが去年のボーダーラインだったのかなと予想します。
今年度がどうなるかは分かりませんが、やはり似たような傾向にはなると思います。

 

 

 

・共通テスト利用方式は3種類の日程がある
・倍率が低い=イージーとは限らない
・合格者最低点は公表されていないが、おそらく80~82%程度?

 

 

岡山理科大学は今がバブル!?

 

最近できたばかりの大学ですので、やはり生徒数は確保したいところなのでしょう。受験方式の多さや合格者の数からもそれが伺えます。

 

 

さらに前年度よりも合格者数がかなり増えていることからも、より門戸を広げ生徒数を確保したいという思いが見えてきます。

 

現在は獣医師の偏在化、つまり都市での小動物臨床獣医の多さが問題となっており、地方での獣医師が不足しています。

 

 

なので獣医学科には入りやすくなっていることは確かです。そしてその目的のために作られた岡山理科大学は確実に合格を勝ち取りやすいです!!

 

 

 

 

第一期生が国家試験を終え、社会に出るタイミングでもしかしたら変革が起こるかもしれませんが、それまではこの現状が続くように思います。

 

 

せっかくのチャンスを逃す手はないのです!獣医になってしまえばこっちのモンです!

 

 

 

ただし、他の大学の入試とぶつかることもあります。なのでそこをしっかり確認しないとせっかくのチャンスを無駄にしてしまいかねません。

 

 

そこは気を付けてね!

 

 

 

 

岡山理科大学に入っても大丈夫なの??

 

ところで急にできた獣医学科に入ったとして、授業や実習はちゃんとできるのという疑問がれるのではないでしょうか。

 

 

もし僕が受験生ならそう思いますし、それが不安要素です。

 

 

でもそこに関してはそこまで心配しなくてもいいように思います。なぜなら岡山理科大学の先生は、もともと他の獣医大学で先生をやっていた人が多いからです。

 

 

 

実際僕のいた麻布大学からも岡山理科大学に転勤した先生もいますし、バリバリのベテランの先生なので授業や実習も問題ありません。
国家試験に関する知識もしっかりあります。

 

 

 

 

なので先生側に不足はないように思います。あとは学生の意識次第と言えるでしょう。先輩が少ないのは情報的に多少不利なので、進級やCBT、OSCEや国試などで苦労することもあるでしょう。

 

 

とはいえこれから受験する人たちには先輩がいるわけですから、それもそこまで心配いらないでしょう。

 

 

だから獣医学科に入ることをまずは目標にして、どこの大学かは後でゆっくり考えればいいのです。

 

 

 

 

最後に

最近できたばかりでまだまだ分からないことも多い岡山理科大学ですが、教授や授業のレベルは他の大学と遜色ないと思います。

 

 

 

なので心配はそこまでしなくていいと思います。獣医学科もどんどん変化していきます。もしかしたら岡山理科大学の卒業生がなにか新しいことを成し遂げるかもしれません。

 

 

 

せっかく広がったチャンスなのですから、どんどん活用していきましょう!!

 

 

では!!