日本最北端の獣医師ブログ!
獣医学科の受験情報

大阪府立大学獣医学類の後期試験ってどんな感じ?【総合問題】

皆さんこんにちは!

最北端獣医師のノスケです!
僕は2020年に麻布大学の獣医学科を卒業し、現在は日本最北端の地で牛の獣医をやっています。

そんな僕も数年前は獣医学科を目指す受験生でした。

 

獣医学科を目指すようになったのは高校2年生の時で、なんとなくカッコいいからというしょうもない理由で目指すようになります。

しかし目指すとは口ばかりで、全く勉強しない日々…
高校3年生の夏にようやく自分の現状に気付き、尻に火が付いて勉強開始。

 

しかしそんな簡単に巻き返せるはずもなく、センターは微妙な結果に…
前期で受験した岩手大学にはD判定で突撃し撃沈…

 

その後センターリサーチでギリギリC判定が出た大阪府立大学の獣医学科の後期試験を受けることにしました。

 

今回はそんな僕の経験をもとに、

大阪府立大学の後期試験について解説していこうと思います!!

 

 

今回の記事の内容!

・大阪府立大学の後期試験の概要!
・どんな問題が出るの?対策法は?
・どんな人が受験するべき?
・果たして本当に受かるのか?

 

まあ知ってる人もいるかもしれませんが、この大学の後期試験はとってもとっても特殊なんですよ!


それは試験の形式も倍率も何から何まで普通じゃないっていうか。そんな大阪府立大学の獣医学科の後期試験にワタクシ現役生のときに無謀にも特攻かましてきたんで、その結果をすべて語っちゃいます!

 

ではいきましょう!

 

大阪府立大学の後期試験の概要!

 

まずは試験科目と配点、合格者最低点や倍率について見ていくことにしましょう。

共通テスト

5教科7科目(180点満点)
【国語】国語(40)
【数学】数IA必須,数IIB・簿記*・情報*から1,計2科目(40)
【理科】物・化・生・地学から2(40)
 ※理科は、基礎科目の選択不可
【外国語】英・独・仏・中・韓から1[リスニングを課す](40[8])
《地歴》世A・日A・地理A・世B・日B・地理Bから選択(20)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(20)
選択→地歴・公民から1科目  

 

個別試験

1教科(200点満点)
【総合問題】(200)

合格者最低点

2020年
セ:133.88/180
個:176.00/200
総:318.36/380 
倍率:12.5倍

2019年
セ:134.52/180
個:153.00/200
総:298.24/380
倍率:17.5倍

2018年
セ:139.20/180
個:89.00/200
総:251.76/380
倍率:12.6倍

 

およそ倍率のほうは15倍前後といった感じです。受験者に対して5人前後しか合格者を出さないので、とても高くなっています。

 

出願者数だけでみると、倍率は20~30倍になるのですが、前期試験で受かった人や受験を辞めた人などがたくさんいるため、結局は15倍前後に落ち着くようです。

 

 

そして気になる合格者最低点ですが、まずは共通テストから。

共通テストのほうは、本来900点満点のところを、それぞれ1/5に圧縮した点数です。比率としては変わらず、傾斜配点などもありません。

 

こちらは割と安定して変わらないのですが、およそ72~78%くらいが振れ幅ですね。
まあ75%前後といったところでしょうか。

 

この結果を見て多くの人が、「あれ?国公立の獣医学科はもっと共通テスト(センター試験)の点数が高くないと受からないんじゃなかった?これならチャンスあるぞ!!」

って思うことでしょう。

僕も当時は全く同じことを思っていました(笑)

 

でもこれは実は罠なのです!!

実を言うと合否を決めるのは、共通テストの結果ではないのです。
重要なのは今日のお話のメインテーマでもある、”個別試験の総合問題”なのです!!

 

200点という配点がある以上、共通テストよりも重要視されているのは一目瞭然ですね。
個人的には共通テストはお飾りで、ほぼこの総合問題の出来で合否が決まっているような気がします(笑)

 

これがとにかくクセモノであり、ここで多くの受験生が落ちてしまいます。


だからもしあなたが、共通テストの結果だけで大阪府立大学を受験しようと考えているのなら、まずは一度立ち止まってこの記事をしっかり読んでほしいのです。

 

そしていま一度理解を深めたうえで、大阪府立大学を受験してください!

 

今回は共通テストに関しては特にいうことがないので、この総合問題についてのみ詳しく説明していくことにします。

 

 

大阪府立大学獣医学類の総合問題ってなんぞ?

 

大阪府立大学の総合問題の説明欄には、
「自然科学に関する基礎的な知識、論理的思考力などを問う。英文による出題を含む」という風に書かれています。これを見て皆さんどう思いますか?


「は?」って感じじゃないですか?抽象的過ぎて結局よくわからねえって感じですよね。まあこの説明で分かったら苦労しないですよね。

 

簡単にこの総合問題がどんなものか説明すると、

英語の長文問題が数問出題され、その内容が自然科学となっています。
さながら大学に入ってから読むようになる論文のようなものです。


そしてこの総合問題の特徴が2つほどあって、

①内容が論文のようになっていて、普段見慣れない単語が多い
②生物学的な知識も問われるので、物理選択者には不利になるときがある

ってのが挙げられます。1つ1つ解説していきますね。

 

 

大阪府立大学の総合問題の特徴って?

 

①内容が論文のようになっていて、普段見慣れない単語が多い


英語の論文を読んだことある受験生っていますか?(笑)99%ないですよね!あったらすごい探求心だなって思います。



実は英語論文の難しいところって、別に文法とかじゃないんですよ。

僕も大学に入って論文を読むようになって知ったんですけど、論文って色んな人に読んでもらうから、なるべく簡単で分かりやすい構文が使われていることが多いんですね。



じゃあ何が難しいのっていうと、単語なんです!

とにかく知らない見慣れない単語単語の連続。

1つの文に知らない単語がいくつも出てくるもんだから、調べて調べて、本文に戻ると、「あっっれどこまで読んだっけ?」ってのが論文あるあるなんですよ。



んでもって、府大の後期試験の総合問題はほぼ論文なもんだから、まったく同じ現象が起こるんですよ。

今思い返すと、論文読んでる大学生の今と、当時受験生であの問題を解いてる僕の姿、まったく一緒じゃんって(笑)




論文だともちろん注釈なんてないんですけど、総合問題は入学試験なんで一応高校生の履修範囲を超えた単語には注釈が付きます。

 

でもその数たるや!!その数がえげつないので、注釈だけで見開き2ページあったりするんですよ。



んな問題解いたことありますか?注釈だけで見開き2ページ使うって。せいぜい下の数行じゃないですか注釈って。


そんな感じだから、単語分からん→注釈→本文→あれどこまで読んだっけ?
ってのを繰り返すんですよ。

 

1文1文はそこまで難しくないんですけど、いかんせん長いもんだから、どんな意味だったかわかんなくなるんです。


しかも文章の内容自体も難しいもんだから120分の時間内で解くのがかなり厳しいって感じになっちゃうんですよね。



ちなみに私が受験した時はデング熱についての問題が出たのですが、難しすぎてメンタルブレイクしました。「天狗??天狗熱??」とか最初思ったりして(笑)

 

 

②生物学的な知識も問われるので、物理選択者には不利な時がある


まあこれが決定打になることは少ないとは思うんですけど自然科学が題材に扱われることもあり、問題の内容が生物寄りになりがちなのです。

そしてたまに生物学の問題がそのまま出題されることがあるんですよね。


そんなに頻度が高いとかそういうわけじゃないんですけど。生物とってないと厳しくね?みたいな問題がポッと出たりします。




ちなみに僕が受験した時は、DNAポリメラーゼを答えさせる問題が出題されたんですよね。

普通にわかるはずの問題だったのに、私は人生初の大阪、周りは関西弁、難しすぎる問題、それらが重なり超テンパってたわけですね。


その結果何も書けなかったわけです。意味ねーー!!!( ;∀;)

 

対策法はあるのか?

こんな内容の総合問題ですから、当然無対策ではまったく歯が立たないわけです。

受験生くん
受験生くん
じゃあ専門用語とかを勉強したほうが良いんですか?そういう単語帳探さないと…! 

のすけ
のすけ
ちょっと待って!それは得策とは言えないかな。結局そういう単語には注釈が付くし、なにより量が膨大過ぎて効率が悪いと思う!

僕はやはり専門用語を覚えるという方法はお勧めできません。

結局はその単語が出題される可能性は低いですし、それに注釈が付くからあまり意味がないのです。

 

じゃあどうすれば良いのか。

僕が実際に受験してみて思ったのは、ベーシックに過去問を解きこむってことです。
なんか特別感がなくてがっかりしました?(笑)

 

でも実際これが一番だなって身をもって感じました。僕がそれを怠ったからです(笑)

 

まずほとんどの受験生は、その文章の特殊さと注釈の多さ、問題の奇抜さなどにびっくりします。
そして120分という時間をフルには使えず、結局何がなんだか分からないまま試験を終える…。

これが大半の例です。

 

どうしてなのでしょうか。

それは、大阪府立大学の後期試験を受験することを前々から決めている人が少ないからです。

 

だって国公立の獣医学科を志望する人は、前期試験で受からないと厳しいってことを知っていますよね。
だから前期の試験対策と共通テスト対策に全力を注ぎます。

 

そして前期試験で失敗or共通テストで失敗した時に初めて後期試験のことが頭によぎります。そこから受験校探しです。

 

その時に共通テストの比率が高くなく、かつリサーチの結果も他より割といい結果が出ていることを知り、大阪府立大学を受験します。

 

だから個人的にはスタート地点はそんなに変わらないと思うのです。
でも、受験を決めてからの数日~数週間で対策をしっかりできる人はわずかです。

 

倍率の高さにビビったり、どうせ無理だわ…って諦めてしまう人が大半だからです。
結局そのまま受験する人がほとんどなので、そもそも対策をしている人のほうがレアです。

 

となると、しっかり過去問を解いて傾向を掴み、本番で120分をフルに使えるというだけでも、かなりのアドバンテージだと思いませんか?

 

僕がそれをしなかったので、余計にそのことは痛感しました。
文章はそこまで難しくないはずなのに、形式の違いに面食らい、焦っているうちに諦めモード…。

 

結局分かっていたはずの問題さえ解けない…

 

それが僕の敗因です。

 

だからこそ、諦めないで過去問を解くという対策だけでもかなり上位に食い込めるチャンスがあるってことです!!

 

正直この大阪府立大学の後期試験は、共通テストの結果はほぼアドバンテージにはなりません。

 

逆に言えば、総合問題で高得点を取れれば、共通テストの結果は覆せるということです。
だからこそ、大阪府立大学を受験するなら、とにかく対策を怠ってはいけないのです。

 

大阪府立大学の後期試験に向いている人は?

 

まあ倍率の高さと問題のハイレベルさから基本的に無理ゲー感が漂っているんですけど、実際に合格している人もいるわけで。どういった人が向いているのか私が実際に受験した感想から言うと、


英語の長文読解に長けている人、生物学的知識もしっかり備わっている人にとっては有利だと思います。

共通テストの点数は高いに越したことはないんですけど、二次試験の総合問題の合格最低点が5割にも満たなかったりするんで、差が付くのはやはり二次試験なんですよね。



正直ただでさえ狭き門な国公立の獣医学科です。前期で落ちるとかなり絶望します。正直後期なんて受けても変わらないじゃん!って思う人が多いとおもうんです。実際私もそんな感じでした。

 


だからこそ合格を信じて疑わず、狭き門にも諦めずに挑戦した人が合格するんです。正直言ってあんなレベルの問題はいくら英語が得意でも所見じゃ絶対できないです。だからこそ過去問演習をしっかりやった人が合格する可能性があるんです。

 

なので結論としては、


・とにかく英語の長文読解に長けている人
・生物を専攻している人
・諦めずに対策をできる人
・他の大学の後期試験よりも活路を見いだせる人
・共通テストに失敗して、一発逆転を狙う人

が受験したらいいと思います。
実際倍率がものすごく高いので、かなり厳しい戦いになることは確実です。

 

でもほかの大学の獣医学科は、より共通テストの結果が重要視されてしまうので、共通テストで失敗した人は大阪府立大学のほうが合格チャンスはあるかもしれません。

 

問題のいかつさや注釈の多さなど、対策を重ねれば慣れてきます。
なので、諦めずに対策をしてほしいのです。

 

僕みたいにダメもとで受験して、大阪旅行だけしてくることのないように!!




厳しい戦いではありますが、センターが振るわなかった人にとっては逆転のチャンスなので、しっかり対策して合格を勝ち取ってください!!

では!!